Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“HIPHOP何でも屋”SITE(Ghetto Hollywood)『週刊SPA!』でマンガ家デビュー

リアルサウンド

19/8/5(月) 13:40

 “ヒップホップ何でも屋”と称されるSITEことGhetto Hollywoodが、『週刊SPA!』8月6日発売号にて、マンガ『少年・イン・ザ・フッド』の連載をスタートする。

 Ghetto Hollywoodは、NORIKIYOが率いるラップグループ・SD JUNKSTAのグラフィティライターで、PUNPEEの「タイムマシーンにのって」などヒップホップ作品のMV制作や、東京ブロンクス名義でのライター業など、幅広い分野で活躍している。2018年末に行われた公募企画「週刊SPA! 連載マンガ家大募集」の最終日に、駆け込みで一枚絵を送付したことから今回の連載が決定した。本作では、昨今のミーハーなMCバトルブームに終止符を打つ、リアルでアンダーグラウンドでハードコアな青春グラフィティ巨編が描かれていくという。

イントロダクション

2019年現代。郊外の都市に暮らす高校1年生のヒロトは、廃屋で、大量のカセットテープ、VHSなどに囲まれて、ガンジャを吸いながら暮らすドゥビという男と出会う。ドゥビの職業はクラブDJ。「現在、第一線で活躍するラッパーはマブダチ」と語るが……。多国籍ギャング、ヤクザ、半グレ、グラフィティ、不良の先輩。現在の最危険地帯・ヒップホップを取り巻く多様な人たちが登場。伝説のミックステープを巡って、2016年と1996年の事件が交錯する。ドラッグ描写やグラフィティの描き方、フリースタイル・ラップの秘訣まで網羅した、リアルなHIP HOPマンガ。

SITE(Ghetto Hollywood)コメント

「何者でもなかった少年が、HIPHOPに熱中する中で自分自身を発見する。これは僕自身が通ってきた道であり、これからHIPHOPに出会う少年たちにとっても、避けては通れない通過儀礼だと思います。HIPHOPが世界を動かすこの時代に、世界のラップゲームで炸裂する作品を創りたい。そんな思いでこの物語を描きました」

■著者プロフィール
79年東京生まれ。ヒップホップ特殊情報機関Ghetto Hollywood主宰。2000年『BURST』(コアマガジン)に掲載したグラフィティの特集記事をきっかけにライターとして活動を開始。その他A&R/PV制作など“ヒップホップ何でも屋”としてオルタナティブに活動中。グラフィティライターとしてNORIKIYOが率いるラップグループSD JUNKSTAにも所属。

8月6日(火)発売『週刊SPA!』予約サイト

アプリで読む