Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ヨルシカ、映画『泣きたい私は猫をかぶる』書き下ろし主題歌「花に亡霊」MV解禁 志田未来、花江夏樹からのコメントも

ぴあ

20/4/22(水) 18:00

ヨルシカが、6月5日(金)全国ロードショーの長編アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』に書き下ろした主題歌「花に亡霊」のMVを公開した。

ヨルシカは、ボカロP・コンポーザーとしても活動中の”n-buna(ナブナ)”と女性シンガー”suis(スイ)”によるバンドで、一切の顔出しをせずにMV総再生回数3億回、YouTubeチャンネル登録者130万人以上、昨年発売した2ndアルバム『エルマ』がオリコン初登場3位を記録するなど大注目のニューカマー。

今回ヨルシカが主題歌「花に亡霊」と挿入歌「夜行」を担当する映画『泣きたい私は猫をかぶる』は、『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で世界中から賞賛の声を浴びた新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編アニメーション映画第2弾。「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれるちょっと変わった中学2年生の笹木美代(ささき・みよ)と、ムゲが思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)を巡る物語が描かれる。ムゲこと笹木美代の声を志田未来、日之出賢人の声を花江夏樹が担当する。

「花に亡霊」MVのディレクターを務めたのは、これまでヨルシカのMVを数度手掛けてきた“ぽぷりか”氏。映画本編のムゲと日之出の手つなぎシーンや浴衣姿での“キスシーン”といった、2人の関係性が気になるシーンに加え、太陽に照らされる大木、 「猫社」と書かれた鳥居など、物語の鍵を握るシーンの一部も登場するので、ヨルシカのファンだけでなく映画を楽しみにしている人も必見だ。



ヨルシカ「花に亡霊」MV



ぽぷりか氏は、「映画本編とは違ったヨルシカのMVらしい空気感が出るようにという意図のもと編集しており、表現豊かなムゲの表情や仕草と、後ろ姿ばかりであまり表情の読めない日之出君が何を考えているのか、イメージしながら見ていただけると嬉しいです。」とコメント。

また、映画でW主演を務める志田未来と花江夏樹からもコメントが届いている。

志田未来 (笹木美代 / ムゲ役) コメント

自分に素直になれない気持ちや抑え込んでしまっている気持ちをゆっくりと解放してくれるようなヨルシカさんの美しい歌声と、儚くも抑揚のあるメロディーがとても素敵な曲だと思いました。私自身、学生時代のあの夏を思い出して甘酸っぱい気持ちになりました。ムゲの 真っ直ぐなところや純粋さを意識してお芝居をしていたので、ヨルシカさんの曲がムゲの気持ちとマッチしていて、物語をさらに深く感じさせてくださると思いました。

花江夏樹 (日之出賢人役) コメント

泣き猫の雰囲気にとても合った音と切なくもすっと入ってくる歌声がとても素敵だと思いました。歌詞が作品とリンクしていて思わず涙がこぼれてしまいますね。ムゲが大人になっていく姿と段々力強くなっていく音が重なって惹き込まれてしまいました。「花に亡霊」は、泣き猫にぴったりな楽曲だと思います!

ヨルシカ プロフィール

ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中の”n-buna(ナブナ)”が女性シンガー”suis(スイ)”を迎えて結成したバンド。2017 年より活動を開始。2019年8月に発売したは 2nd Full Album「エルマ」 はオリコン初登場3位を記録し、各方面から注目を浴びる。n-buna が生み出す文学的な歌詞とギタ ーを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

「花に亡霊」 リリース情報
4月22日(水)配信スタート
配信サイト

映画情報

作品タイトル :「泣きたい私は猫をかぶる」
2020年6月5日全国ロードショー
配給 : 東宝映像事業部
コピーライト : © 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
出演 : 志田未来、花江夏樹、小木博明、山寺宏一
監督 : 佐藤順一、柴山智隆
脚本 : 岡田麿里
公式サイト

© 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む