Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

成田凌「ただただ“杉咲花がすばらしい!”」 『おちょやん』現場の雰囲気の良さを語る

リアルサウンド

20/12/19(土) 13:00

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おちょやん』。第16話より本格登場する成田凌よりコメントが寄せられた。

 成田が演じるのは、人気喜劇一座の座長、天海天海の息子・一平。幼い頃から子役として、いやいや役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代(杉咲花)とともに新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて2人は結婚し、二人三脚で奮闘する。

 成田は大阪朝ドラへの出演は『わろてんか』以来で、“役者”を演じるという共通点も。現場の雰囲気はとてもいいようで、「出演者はもちろん、スタッフさんも含めてすばらしいです。本当は僕も引っ張っていかなきゃいけないのだと思いますが、そんな必要もないなっていうぐらい、楽しく撮影しています。言葉についての心配はあります。ふだんから聞いていますが、いつもより関西の芸人さんのラジオなどを聞くようになりました。もともと関西の友達が多いんですが、聞いているだけではわからないので、なるべく日常から関西ことばで話してみようと思っています」と述べた。

 演じる一平については、「今演じている時点での一平は、まだ若くて定まっていなくて、どういう人かわからない状態です」と模索中であることを明かす。「千代に対しても、心で思っていることとは逆の言葉を伝えてしまいます。でも千代にはわかる。一平も伝わっているとわかっています。お互いに境遇が似ているからでしょうか。一平が千代にひかれたのは、力強く生きていて、自分にウソがなく、人にもウソがなく、まっすぐなところでしょうか。千之助(星田英利)さんのことは単純に嫌なんだろうなと思います。でも劇団にとって必要だということもわかっている。いなくなったら困るけど、そんなやり方はやめてほしい。変わってほしい。だけど、その自分勝手な手法によって劇団が助かっているということに複雑な気持ちを抱えています。視聴者の方には、千之助さんが2人にとって味方なのかどうか、『どうなるんだろうか』という気持ちで見ていただきたいです」と、一平と千代、一平と千之助の関係性を解説。

 また、夫婦となる杉咲花の演技については、「千代役の杉咲花さん、すばらしいです。誰が見ても文句のつけようがないんじゃないでしょうか。回数を重ねていくにつれてなじんでいくものなんだと思います」と絶賛。

 最後に視聴者に向けては、「出演している人たちがすばらしいのはもちろん、映像としてもすばらしいし、スタッフさんを含めてみなさん『いいものを』という気概というか、一人ひとりの放つエネルギーをすごく感じています。そして、なによりも、ただただ“杉咲花がすばらしい!”そういうことだと思います。彼女がいきいきとそこに存在していれば、それで十分かなと。きっと、みんなに愛してもらえると思います。一平は、最後のほうでちょっと意外な方向にいくと思うので、それも楽しんでいただきたいです」とメッセージを送った。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おちょやん』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、井川遥、中村鴈治郎、名倉潤、板尾創路、 星田英利、いしのようこ、宮田圭子、西川忠志、東野絢香、若葉竜也、西村和彦、映美くらら、渋谷天外、若村麻由美ほか
語り:桂吉弥
脚本:八津弘幸
制作統括:櫻井壮一、熊野律時
音楽:サキタハヂメ
演出:椰川善郎、盆子原誠ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/ochoyan/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む