Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「お葬式」 (c)1984 伊丹プロダクション

キネカ大森開館35周年記念、「お葬式」「パリ、テキサス」など“同い年”の8本上映

ナタリー

19/7/1(月) 20:32

東京・キネカ大森の開館35周年記念生誕祭が、7月5日から11日まで開催される。

1984年に国内初のシネマコンプレックスとしてオープンした同館。本企画では、同館と“同い年”の1984年に製作された映画を上映する。ミヒャエル・エンデの小説をウォルフガング・ペーターゼンが映画化したファンタジー「ネバーエンディング・ストーリー」、伊丹十三の監督作「お葬式」、ヴィム・ヴェンダースが第37回カンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した「パリ、テキサス」、ホウ・シャオシェンの「冬冬(トントン)の夏休み」など8作品がラインナップに並んだ。

キネカ大森開館35周年記念生誕祭

2019年7月5日(金)~11日(木)東京都 キネカ大森
<上映作品>
「Wの悲劇」
「お葬式」
「ストリート・オブ・ファイヤー」
「ときめきに死す」
「ネバーエンディング・ストーリー」
「パリ、テキサス」
「冬冬(トントン)の夏休み」
「麻雀放浪記」
料金:一般、大学・専門生 1500円

アプリで読む