Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「Diner」個性派キャラ集結!藤原竜也が「僕が一番まとも」、武田真治は“筋肉返還”

ナタリー

19/6/6(木) 20:40

「Diner ダイナー」のジャパンプレミアが、本日6月6日に東京・東京国際フォーラムにて開催され、キャストの藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、金子ノブアキ、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、監督の蜷川実花が登壇した。

平山夢明の小説を映画化した本作は、店主も客も殺し屋という会員制ダイナーを舞台とした作品。元殺し屋の天才シェフ・ボンベロに藤原、ダイナーに売られてきたウェイトレス・オオバカナコに玉城が扮した。

主演の藤原は「蜷川実花さんに『竜也、やろう』って言われたら断る理由が何1つ見当たらない。撮影は本当に大変だったんですが、感慨深いような、縁を感じるような、人生にとって貴重な時間を過ごさせていただきました」と撮影を振り返る。玉城は、藤原と共演した感想を「勝手なイメージを持っていて、常に独特な“藤原節”を持たれているのかなと思っていたんです。でも(実際は)オンオフがはっきりされている方で……優しくしていただいてありがとうございました」と述べ、丁寧にお辞儀。また藤原や玉城と過ごすことが多かったという蜷川は「次々に殺し屋がやってくるように、どんどん豪華キャストがクランクインしてきて、私たち3人はそれを受けるのに必死でした。みんなやりたい放題やって帰っていくので(笑)」と現場を回想した。

ある組織のナンバー2・コフィ役の奥田は、真矢や土屋との共演シーンについて「この2人が美しいのか、恐ろしいのか……。今まで見たことのない、“意味不明な物体”を目の当たりにしながら芝居をして、楽しかった」と独特な表現を用いて話す。組織内の西のトップ・マリア役の土屋は「私は意味不明な物体ですよ!」とさらにジョークを重ね、「やっぱり真矢さんの殺陣が美しいの!」と絶賛。組織内の北のトップ・無礼図役の真矢は「やっぱり竜也様です! 殺陣がとにかく速いんです。見えなくなったことがあります!」とまくしたて、藤原から「そんなに速くないですよ(笑)」とツッコまれた。

全身傷だらけの殺し屋・スキン役の窪田は、現場で印象に残っていることを聞かれ「(藤原と玉城と)3人のときはすごく幸せでした。最初はほっこりしていたんです。でも最後に……僕はいろいろ……倒れている時間があったので……」と危うくネタバレしかけてしまう。すると、すかさず藤原と蜷川が「倒れないよ!」「ダメだよ!」と制止。殺し屋・カウボーイ役の斎藤は「玉城さんの顔の小ささに驚いて、近くにいるのか遠くにいるのかわからない瞬間が多かった」と語って笑いを誘った。

中盤には、個性派ぞろいのキャラクターにちなみ「この中で一番ブッ飛んでいたのは?」という質問が。キャストらが一斉に指をさして答えると、全身整形の殺し屋・キッド役の本郷や真矢が多くの票を集める。筋肉自慢の殺し屋・ブロ役の武田は、窪田に「武田さんです。なんていうか、エロい。そして“美”がすごい」と言われ、「ちょっとしたトキメキを感じました。そんな目で見てたんだ!って……」と胸に手を当てる。同じ質問に武田だと答えた本郷は「武田さんの役はセクハラしてるか、筋肉を見せているか、イタリア語を叫んでいるかのどれかだった」とキッパリ解説。NHKの番組「みんなで筋肉体操」でブレイクした武田は、本作はその前に撮影していたことから「前から私の筋肉に気付いてくれていた。昔実花さんに撮っていただいた写真集を見て、NHKの方が声をかけてくださったのかもしれないですから……今日は実花さんに筋肉を返しに来ました」と前に進み出る。そして胸元から何かを取り出し、蜷川に献上するふりをして笑いを起こした。

最後に蜷川は「竜也と一緒にできたのはとっても大きなこと。一緒にできてうれしかったです、ありがとう」と藤原に感謝を伝える。そして藤原が「僕とティナ以外は全員イカれた登場人物で、僕ら2人が一番まともなんじゃないかなって映画ですが……」と言いかけると、蜷川らが「ボンベロが一番ヤバい」とすぐに否定。それでも藤原は「僕はちゃんと料理を作ってるだけなんで(笑)」と続け、観客に「これからも(応援)よろしくお願いします!」と呼びかけた。

「Diner ダイナー」は7月5日より全国ロードショー。

(c)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

アプリで読む