Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46、若月佑美の泡風呂写真にメンバー興奮 高山一実「マネージャーと喧嘩する勢いで撮った」

リアルサウンド

14/12/16(火) 11:00

 乃木坂46が体を張ったバラエティ企画に挑戦する番組『NOGIBINGO!3』(日本テレビ系)。12月16日分では、「カメラの匠! グッとペアは誰だ?」が放送された。

 同番組は、乃木坂46が公式ライバルグループ・AKB48も経験してきた企画を、より体を張ったものにアレンジして挑戦する番組の最新作。「弱点克服」をテーマとし、メンバーの“生態”を知るクイズ、ロケ、胸キュン企画や、エンディングコーナー「NOGI ROOM~乃木坂46がパジャマで女子トーク~」などの新企画も加えたもの。

 今回の企画は、2人もしくは3人に分かれたメンバーが、場所やシチュエーションなどを決め、同じチームのメンバーが見せる“見たことの無い表情”を一眼レフで撮影し、その腕前を競うというもの。挑戦したのは中田花奈&永島聖羅ペア、橋本奈々未&深川麻衣&川後陽菜ペア、高山一実&若月佑美ペアの3組。“海パンカメラマン”の異名を持つ野澤亘伸氏と、桜井玲香、生駒里奈の3人が審査員を務めた。

 高山と若月ペアは、カメラ歴5年の高山が「若月は男前な役をやるけど、本人は可愛いのもやりたいって言っていて」と、東京都内にある某スタジオで若月をモデルに撮影。スタジオでは「癒し」というタイトルで犬と戯れる若月の写真が公開され、野澤氏は「上から目線じゃこういう写真は取れない」と褒めると、生駒は「オフショットだといいけど、メインにするにはもう少し若月が見たかった」と辛口で評した。続いて高山は「3時のおやつはいかが?」というタイトルで、泡風呂に入ってスイーツを食べる若月を撮影。イジリーが「乃木坂的にNGじゃないの?」と心配すると、高山は「マネージャーさんと喧嘩する勢いで撮った」と撮影秘話を語ったが、野澤氏は「男性の期待感的には…」と、男性ファンの目線を踏まえた意見を述べた。

 続いては橋本&川後が、深川をモデルにして撮影。橋本は廃工場風のセットのなか「笑わないまいまい」というタイトルで、柔和なイメージの深川が普段見せない表情を撮った。しかし、野澤から「写真の世界感は好きだけど、目線が欲しいし影が良く見える形がいい」という高レベルのアドバイスを受けるなど、1ポイントにとどまった。続く川後は「どっちが黒いのかな?」というタイトルで、黒いバイクに黒の衣装で跨る深川を撮影。生駒からは「どエロい」という判定が下されるものの、野澤氏は「縦にして顔を見せる写真が良かった」とこちらも辛口の判定で、1ポイントを獲得した。

 中田は永島をモデルに「清純じゃない大人」という、白石麻衣の写真集に対抗したタイトルの写真を撮影。中田は永島について「色気が皆無なのでそこが問題かと思いまして」と語り、カメラ歴の浅い中田なりに工夫して撮った一枚には、野澤氏が「相乗以上」、生駒が「綺麗なところを綺麗に写してる」と絶賛し、全員からポイントが入った。2枚目の「余裕」というタイトルの一枚には野澤氏が「構図が少し残念」という評価を下すものの、別カットで提出された鏡越しの一枚をメンバーは絶賛。井上小百合は「別の人みたい。会ったことないです、この人」と評価した。

 番組の最後には、優勝した中田&永島ペアに焼肉券が渡され、ご褒美ロケのダイジェストとともに番組が終了した。

 そのほか、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、桜井、星野みなみ、衛藤美彩、北野日奈子、新内眞衣、樋口日奈がパジャマ姿を評しあった今回の放送。インターネット動画配信サービス・huluでは本放送ではオンエアされていない「NOGIROOM」の完全版として、桜井と衛藤が舞台『Mr.カミナリ』の裏側を語った様子を見ることが可能だ。次回は最終回スペシャルとして、メンバーへのクリスマスプレゼント企画が放送される予定だ。

(文=向原康太)

アプリで読む