Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

細野晴臣

細野晴臣プレイリスト企画「僕の細野さん、私の晴臣さん」 第17回 Illicit Tsuboi / 曽我部恵一 編

19/10/4(金) 19:00

今年、音楽活動50周年を迎えた細野晴臣。長年にわたるキャリアで氏が発表してきた楽曲の数々がApple Musicで配信されている。

ソロ名義の作品はもちろん、はっぴいえんど、キャラメル・ママ、ティン・パン・アレー、HAS、HASYMO、Yellow Magic Orchestraなど、プロデューサーとして手がけてきたプロジェクトが多岐にわたる細野。Apple Musicでは2018年7月より細野楽曲の配信に併せて、世代もジャンルも異なる著名人が細野の楽曲で構成するプレイリスト企画「僕の細野さん、私の晴臣さん」を公開している。音楽ナタリーはこの企画と連動し、著名人たちのプレイリストとコメントを連載形式で展開中だ。

17回目を迎える今回は氏を敬愛するThe Anticipation Illicit Tsuboiと曽我部恵一にプレイリストを作成してもらった。

The Anticipation Illicit Tsuboi

プレイリスト名

Making Of Non-Standard Music

プレイリスト

01. Alternatve 3
[作曲:細野晴臣]

02. 夢見る約束
[作詞・作曲:細野晴臣]

03. 3・6・9
[作曲:細野晴臣]

04. The Animal's Opinion
[作曲:細野晴臣]

05. Mercuric Dance
[作曲:細野晴臣]

06. 暗い日曜日
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

07. SIMOON
[作詞:クリス・モズデル / 作曲:細野晴臣]

08. フィルハーモニー
[作曲:細野晴臣]

09. 風をあつめて
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

10. ろっかばいまいべいびい
[作詞・作曲:細野晴臣]

11. PLEOCENE
[作詞・作曲:細野晴臣 / 英語訳:肥田慶子]

解説コメント

1986年に「テッチー」という日本初打ち込みテクノヒップホップ系雑誌がありまして、そちらの読者コーナーでの投稿を機に今の道へ入ったのですが、その雑誌の創刊号の表紙が細野さんでした。当時YMOというより細野さんフリークで、ノン・スタンダード、モナドレーベルを中心にガッツリ影響受けました。その多種多様な音楽性と共に常にある温かさ(?)が好きです。ミュージックコンクレート(モナド)というものに触れたのも、ジャパニーズサイケデリア(The April Fool)に触れたのも、テクノ、フォークに触れたのも細野さんが全て入り口です。時にかせきさいだぁを介して本人にお会いしたり、「風をあつめて」のサンプリングや、「HOSONO HOUSE」で使用したフェアチャイルドを使ったりと片鱗で接点があるのですが、いつかジョイント出来たら嬉しいなぁ。「シムーン」は今回リストに入れましたが、これのデモバージョンというものがあり、そちらが絶品なのでいつかプレイリストで聴けるようになると有難いです(一人一) それにしても「あくまのはつめい」の発表にはビックリしました。「S-F-X」は自分の体の一部ですから。

プロフィール

エンジニア、プロデューサー、DJ、レコードコレクター。ロックおよびヒップホップ系サウンドエンジニア、サウンドクリエイターとして活躍する傍ら、ステージで観客をアジテートしたり、ターンテーブルを破壊したり火を付けたり、度の過ぎたヴァイナル愛によってレア盤を割ってしまったりとその強烈なパフォーマンスでも知られている。長年にわたってアンダーグラウンドからオーバーグラウンド、表方から裏方まで多面的に活躍を続けている。
illicit tsuboi(@modulo2008)|Twitter
RDS Toritsudai

曽我部恵一

プレイリスト名

SOKABE'S HOSONO

プレイリスト

01. 恋は桃色
[作詞・作曲:細野晴臣]

02. 夏なんです
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

03. あしたてんきになあれ
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

04. 東京ラッシュ
[作詞・作曲:細野晴臣]

05. 北京ダック
[作詞・作曲:細野晴臣]

06. 暗闇坂むささび変化
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

07. Exotica lullaby
[作詞・作曲:細野晴臣]

08. 熱帯夜
[作詞・作曲:細野晴臣]

09. さよならアメリカさよならニッポン
[作詞:はっぴいえんど / 作曲:はっぴいえんど&ヴァン・ダイク・パークス]

10. 僕は一寸
[作詞・作曲:細野晴臣]

解説コメント

DJするみたいに、細野さんの好きな曲を選びました。気持ちは全曲アナログレコードで選曲してるつもりです!

プロフィール

1971年生まれ、香川県出身。1990年代からサニーデイ・サービスの中心人物として活躍し、バンド解散後の2001年からソロアーティストとしての活動を開始する。精力的なライブ活動と作品リリースを続け、客演やプロデュースワークなども多数。現在はソロのほか、再結成したサニーデイ・サービスなどで活動を展開し、フォーキーでポップなサウンドとパワフルなロックナンバーが多くの音楽ファンから愛され続けている。2004年からは自主レーベル「ROSE RECORDS」を設立し、自身の作品を含むさまざまなアイテムを発表。2018年12月7日にラップアルバム「ヘブン」を、2週間後の12月21日にニューアルバム「There is no place like Tokyo today!」を立て続けにリリースした。2019年8月に公開された映画「アイムクレイジー」に出演するなど俳優としても活動中。
曽我部恵一

アプリで読む