Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ザック・エフロン主演『テッド・バンディ』特別動画 阿曽山大噴火が劇中の裁判を解説

リアルサウンド

19/12/19(木) 12:00

 12月20日公開の映画『テッド・バンディ』より、特別動画が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、IQ160の頭脳と美しい容姿で、30人以上の女性を惨殺したとされ、シリアルキラーの語源にもなった男テッド・バンディの衝撃の実話を描いた物語。1970年代アメリカ、30人以上の女性を惨殺したとされるバンディだが、刑務所には連日多くのファンレターが寄せられるなど、魅惑的なカリスマ性も持ち合わせていた。3度死刑判決を受けるが、無罪を主張。法律を学んでいた彼は、ついには自らが弁護人となり法廷で徹底抗弁を繰り広げた。本作では、世界を震撼させた殺人犯の裏側へと迫ると共に、バンディの長年の恋人の視点を通して善人としての姿を描き、観客を予測不可能な迷宮に誘い込んでいく。

 ザック・エフロンが主演としてバンディ役を務め、バンディを愛してしまったヒロインをリリー・コリンズ、判事役をジョン・マルコヴィッチがそれぞれ演じる。ドキュメンタリーの分野で高い評価を受けるジョー・バリンジャーが監督を務めた。

 公開された特別動画では、裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火が、バンディの裁判の様子をスケッチブックに描き、解説。阿曽山大噴火は「不安もあり期待もあった」と本作鑑賞前の気持ちを述べ、作中で描かれる裁判やバンディの言動について語っている。 (文=リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む