Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

前列左からアーチー・イェーツ、ローマン・グリフィン・デイビス。後列左からアルフィー・アレン、サム・ヘイガーズ、トーマサイン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、カシュー・ニール。

主人公の親友はヒトラー「ジョジョ・ラビット」監督が映画に託した子供への思い

19/10/7(月) 18:18

「マイティ・ソー バトルロイヤル」で知られるタイカ・ワイティティの最新作「ジョジョ・ラビット」のイギリスプレミアが、現地時間10月5日にロンドン国際映画祭2019で行われた。

ナチス政権下のドイツで暮らし、アドルフ・ヒトラーを空想上の親友とする少年ジョジョを主人公にした本作。ある日、母親がユダヤ人の少女を匿うことを決め、ジョジョは自身の愛国心と向き合わざるを得なくなる。プレミアには自らヒトラーを演じたワイティティをはじめ、ジョジョ役のローマン・グリフィン・デイビス、ユダヤの少女エルサ役のトーマサイン・マッケンジー、ジョジョの親友ヨーキー役のアーチー・イェーツ、次官フィンケル役のアルフィー・アレン、ハンズ役のサム・ヘイガーズ、プロデューサーのカシュー・ニールが集結した。

およそ300人のファンが集まったレッドカーペットイベントは、ドイツの行進曲とともにスタート。デイビスは次々と舞い込むテレビ取材やファンからの声援に応えるのに大忙しの中、撮影で仲良くなったイェーツを見つけるとじゃれ合うなど子供らしい一面を見せる。母親を演じたスカーレット・ヨハンソンとの共演については「彼女自身もお母さんだし、キャリアも子役からスタートしている。だから新参者としてセットに来てナーバスになっていた僕のことを励ましてくれた。面白くてクリエイティブな人だよ!」と信頼感を明かした。

ワイティティは、これまでの監督作と比較し「ここまで強烈なメッセージを持つ映画はなかったと思うし、もっとも成熟した作品であるのは確か」と自信をのぞかせる。作品の根底にあったのは、「大人が正気を失い戦争になったとき、子供はいったい何を見るのか」という思いだという。自身も父親であるワイティティは「子供たちは大人のやることを見て学ぶ。それが彼らの成長を左右し、どのような大人になるかを決めてしまう。僕たちには彼らの人生を台無しにしてはいけないという重要な役割があるんだ」と力説した。

先日行われた第44回トロント国際映画祭では観客賞を獲得しており、「トロントの観客にあんなふうに反応してもらって……。少なくとも僕が参加した2回の上映は心強い反応だった。これからもずっと映画を作り続けていいんだと思えたよ(笑)」とワイティティが振り返る場面も。マッケンジーも映画の題材から「気に入ってくれるだろうか」「気分を害するのでは」と、観客の反応にナーバスになっていたという。そして「トロントで認めてもらえたことにとても興奮している。みんながあの出来事を思い出し、それについて話していたのがとてもうれしかった」と明かし、「エルサとジョジョの関係は希望を象徴しているの」とはにかんだ。

「ジョジョ・ラビット」は2020年1月17日より全国ロードショー。なお本作は、10月28日から11月5日にかけて行われる第32回東京国際映画祭で特別招待作品として上映される。

(c)2019 Twentieth Century Fox&TSG Entertainment

アプリで読む