Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

佐藤大樹×佐藤流司、息ピッタリの初共演『小説の神様』を語る

ぴあ

20/10/7(水) 12:00

佐藤大樹×佐藤流司 撮影:源賀津己

繊細で不器用な売れない高校生作家と、秘密を抱えたドSの美少女作家がふたりで協力をしてベストセラーを生み出そうとする青春映画『小説の神様 君としか描けない物語』。主人公の作家・千谷一也を演じた佐藤大樹と、文芸部の部長・九ノ里正樹を演じた佐藤流司は本作が初共演。部室でのシーンを初めて撮った日に監督が驚くほど、すでに部活の仲間としての雰囲気が出ていたのだという。

大樹 それには秘密があって、リハーサルをやった後に流司くんがみんなのグループメールを作ってくれたんだよね。あんなにすぐに距離感をつめてくれる人に会ったのは、初めてだったかも。

流司 俺も必死だったの。4人での部室のシーンが多いから、早く仲良くならないと、って。お芝居に関係性って出るもんね。今ではすっかり仲良くなって、大樹くんは俺がなにを言っても爆笑してくれる(笑)。

(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

大樹 そんなことはないけど(笑)、撮影中も正樹役が流司くんで良かったと思ったことが何度もあった。文芸部の部室でのシーンもだけど、特に印象に残っているのは正樹が家に来て、僕が演じる一也をひたすら説得して外に連れ出そうとするシーン。流司くんの内から出てくるエネルギーがすごくて、初めて試写を観たときにびっくりした。僕はこんな震えた子犬みたいな顔をしていたんだ、って。今までの作品で観たことのない自分の顔を流司くんが引き出してくれたと思ってます。

流司 一也と大樹くんって、共通点があんまり多くないよね。大樹くんは明るくてよく笑うけど、一也はあまり笑わない。そういう違いを客観的に理解してナチュラルに一也になれている大樹くんはすごいと思った。一也と正樹がお互いに支えになっている関係性は、自分たち自身が仲良くないと出せなかったと思うから、俺が正樹を演じる上で大樹くんとのコミュニケーションは必要不可欠だったと思うよ。

空き時間には2.5次元のお芝居のことについても話し、コミュニケーションをとったというふたり。映画の題材に重ね合わせて、才能を持つ者への嫉妬や憧れについても聞いてみた。

大樹 僕が2.5次元のお芝居をやったときに共通のスタッフさんがいて、流司くんのことを「あの子はすごいよ」って話をしてくださったから、トップにいることの苦悩も含めて本人に話を聞いてみたかった。仲良くなってからはだんだん真面目な話をするのが恥ずかしくなって聞いていないけど、入り口はそんな感じだったかな。どれくらいで振りを覚えるの? 何公演だとつらくなる? とか、ね(笑)。

流司 確かに現場に入ってからはお芝居についてディベートはしていないよね。お芝居でキャッチボールして語り合えていたから。それよりもくだらない話ばっかりしていた気がする(笑)。

大樹 あとは撮影の合間に早押しクイズアプリにハマってた! 水平思考クイズ、流行ったよね?

流司 そうそう、やってた! 圧倒的に俺が強かった(笑)。

大樹 悔しいけどホントにそうなんだよな〜。そういえば僕、流司くんが出演している『ミュージカル「刀剣乱舞」加州清光 単騎出陣2018』のDVDを買って観たの。

流司 え、買ってくれたの? ありがとうございます!

大樹 僕らがグループでやるようなセットリストをたったひとりで歌って踊って、ノンストップで駆け抜けている映像を見たとき、これはもうかなわんぞ、と。ドキュメンタリーも観たら、座長としての生き方もかっこよかった。僕にはないものをいっぱい持っている人だと思いました。

流司 大樹くんは多彩な人だよね。ライブの映像を拝見しても俺とは次元の違うパフォーマンスをしていて、それは努力の賜物なんだろうな、って。それと同時に、直感型で天才型でもあると思う。お芝居も台本に書き込む理論的なタイプではなくて、感じたままにやる人なんじゃないかなって気がした。どのタイミングで動くと気持ちいいのか、そういうセンスが備わっているのがうらやましい。

大樹 あんまり言われたことがないからすごいうれしい。舞台をやったときに、説明しなくても動いてほしいタイミングで動いてくれると言われたことがあって、それって直感型ってことなのかな? ダンサーをやっていて良かった(笑)。

劇中ではひとつの小説を生み出すために協力する過程が描かれるが、もしもふたりでなにかを一緒に作るなら……?

大樹 バーを作りたい!

流司 居酒屋じゃなくて?

大樹 いや、オシャレなやつ(笑)。仲間が集まれる基地みたいなところを作れたら楽しそうじゃない? 好きな家具と好きなお酒を置いて。

流司 いいね〜。掃除、できる?

大樹 めちゃくちゃする。水回りの掃除も任せて。でもアレルギーだから猫は連れてこないでね。

流司 あははは、分かった(笑)。接客は俺がやろうかな。……って高校生が主人公の青春映画でバーの話になっちゃってるけど(笑)。

大樹 主人公は高校生でも、幅広い世代の人に観てほしい映画になっているから大丈夫。この映画では小説家という職業にスポットを当てているけど、どんな仕事をしている人にもつらいことがあるし、プロとしてそれを乗り越えなきゃいけないときがあると思う。だから映画を観終わって、自分の仕事に誇りを持てる人も多いんじゃないかな。白黒からカラーに変わるシーンをはじめ監督がこだわった映像と、胸が熱くなるストレートなメッセージを受け止めてもらえたらうれしいです。

流司 心憎い終わり方で、この人たちは世界のどこかに今も実在しているんじゃないかなと思ったんだよね。登場人物ひとりひとりにリアリティがあったし、恋愛ものでもサスペンスでもないのにものすごく没入感があった。満足度が高くて心があたたかくなる作品なのは間違いないです。

取材・文:細谷美香 撮影:源賀津己



好評公開中の『小説の神様 君としか描けない物語』で共演した佐藤大樹さん、佐藤流司さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!ぴあアプリをダウンロードすると、この記事内に応募ボタンがあります。

『小説の神様 君としか描けない物語』

公開中

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む