Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

【ネタバレあり】田中圭にまさかの結末? 『先生を消す方程式。』第5話以降の世界線を大予想

リアルサウンド

20/11/22(日) 11:20

 『先生を消す方程式。』(テレビ朝日系)第4話は「まさか」の幕切れとなった。前話ラストで「第1章 義経、討伐編 完結」のテロップと穴に落ちる「義経」義澤経男(田中圭)の予告映像が流れた時点で不穏な気配は十分にあった。

 だが、まさか主人公が死んでしまうとは。第4話終了時点で主役不在という掟破りの展開。ことの発端は刀矢(高橋文哉)と義経のやり取りだった。弓(久保田紗友)への授業を終えた義経は、続けて「賢い人と賢いと思っている人の違い」を問いかける。義経のターゲットが自分であると知った刀矢は半狂乱状態に陥る。

 義経によると「賢いと思っている人×力=馬鹿」。その理由は「自分が賢いと思っている人は、その力を世の中のために役立てるのではなく、自分が一番上になるために、上でい続けるためにその力を使う」ため。結局それは「井の中の蛙」でしかなく、自分より賢い人間にコントロールされていることに気付かないのだと語る。自分を賢いと思うことで視野狭窄に陥り、残るのは醜いプライドだけなのだ。

 義経の正面切っての挑発で刀矢のプライドはずたずたに。こらえきれずに義経を刺そうとしたところで朝日(山田裕貴)が義経を殴りつけ、その場は事なきを得る。屈辱に震える刀矢は静(松本まりか)の病室に忍び込むが、未然に義経に察知されて失敗。確実に義経を消すため、刀矢たちは朝日の入れ知恵で落とし穴を掘り、義経をおびき寄せる。刀矢と朝日は、ハプニングに見舞われながらも目的を遂げ、義経は35歳の生涯を終えた。

 静を階段から突き落とした朝日に復讐するため、3年D組の担任になった義経。力(高橋侃)たちを味方に引き入れて、あと一歩のところまで朝日を追い詰めた。「意味があるかどうかは残された人次第で、意味があったんだと意味づけてあげることが大事なんだ」と義経は語る。では、放送真っただ中で起きた主人公の死は何を意味しているのだろうか?

 義経の死は『頼田朝日の方程式。』(Abemaプレミアム)第3話で、すでに刀矢の口から言及されていた。同作は最終回後を描いた「フライングドラマ」であり、当初から義経の死は予定されていたことがわかる。そうなると気になるのは今後の展開だ。まず義経が本当に死んだのか?という疑問がある。そう思わせる理由として、出血箇所が微妙に急所を外れているように見えることや、生き埋めになってもしばらくは生存できることがある。しかし、わざわざ朝日が脈を確認するカットが挿入されており、義経のモノローグで死んだと明言されているので、その望みは薄そうだ。

 次に考えられるのが義経の再登場だ。これはいくつかのパターンが考えられる。一つは黒魔術による復活。命(秋谷郁甫)に4Cの情報提供を依頼する際、義経はネクロマンシーのレア本を持参している。ネクロマンシーは「死霊魔術」とも呼ばれ、死体による占いや死者を甦らせることを含む。命の制止を振り切って刀矢の元に向かった義経が、その前後で、自分が死んだ時のことを言い残していても不思議ではない。亡くなった父親を本気で生き返らせたいと考えた命なら、義経を救いたいと思うのは当然だろう。

 再登場が現実でなくてもかまわないなら、パラレルワールド説も有力。根拠は村上春樹の『1Q84』と静のセリフだ。番組公式インスタグラムで紹介された義経の自宅書棚には、ネクロマンシーに関する本とともに『1Q84』も並んでいた。同作は架空の1Q84年を舞台に1組の男女が結ばれるまでを描いた長編小説であり、作品中でもう一つの世界を象徴していたのが空に浮かぶ月だった。夜空を見上げながら「ずっと将来、私と経男が死んだ後で、あのきれいな月で2人きりで暮らしたいな」と話しかける静の言葉は示唆的。死んだ義経が静のいるもう一つの世界に行き、そこで別の人生を生きる。もしくは、それがこちら側の世界にも影響を及ぼすという『1Q84』的展開は、ドラマなら十分可能だ。

 最後に新キャラが登場する可能性も挙げておきたい。放送後にライブ配信されるテレビ朝日公式YouTubeチャンネルの「『先生を消す方程式。』を一緒に視聴して即考察する生配信!」では、番組プロデューサーが「チンギス・ハン」に関するセリフが登場するとコメントしていた。チンギス・ハンと言えばモンゴル帝国の始祖だが、源義経が海を渡ってチンギス・ハンになったという伝説がある。義経の復活と結びつく線もあるが、チンギス・ハンまたは新キャラクターが義経と静の無念を晴らすことを期待したい。

 あるいは、主役が交代ということもあり得る。タイトルの「先生」は一人とは限らない。第5話以降で朝日が主役になることや、朝日の本性を知った生徒たちが朝日を消す方程式を立てるなど複数の展開が予想される中で、どの伏線が表に出てくるか注目だ。

■石河コウヘイ
エンタメライター、「じっちゃんの名にかけて」。東京辺境で音楽やドラマについての文章を書いています。ブログTwitter

■放送情報
『先生を消す方程式。』
テレビ朝日系にて、毎週土曜23:00~23:30放送
出演:田中圭、山田裕貴、高橋文哉、久保田紗友、森田想、高橋侃、秋谷郁甫、奥山かずさ、榊原有那、川瀬莉子、田中亨、松本まりか
脚本:鈴木おさむ
音楽:HAL
監督:小松隆志ほか
ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)、遠田孝一(MMJ)、小路美智子(MMJ)
制作:テレビ朝日/MMJ
(c)テレビ朝日
公式Twitter: https://twitter.com/senkesu5
公式Instagram: https://www.instagram.com/senkesu5/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む