Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

山本千尋、香取慎吾×佐藤二朗との共演で学んだ三谷幸喜の“間” 「本当に勉強になりました」

リアルサウンド

20/9/20(日) 12:00

 Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』が9月18日より配信中だ。タッグを組んだのは“ゴールデンコンビ”と評される、三谷幸喜と香取慎吾。今回、2人が挑んだのはシチュエーションコメディの略となる“シットコム”。香取と三谷がシットコムに挑むのは、2002年から2003年にかけて放送された『HR』(フジテレビ系)以来で、香取は失敗ばかりなのになぜか憎めない主人公・舎人真一を演じる。脚本・演出・監督を務めた三谷は、新たなエンターテインメントに挑むべく、セットの前に客席を用意し、客入れをした状態で撮影する方法を実施した。

 そんなこれまでにない作品にキャストとして参加したのが山本千尋だ。真一を書斎の壁に偶然発見した“穴”から覗き見る隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)の娘・あかねを演じている。『ウルトラマンジード』(テレビ東京系)をはじめ、“アクション女優”として圧倒的存在感を放ってきた山本は、初となるコメディにどう挑んだのか。

思ってもいなかったコメディ作のオファー


ーー今回の“シットコム”は、映画ともドラマとも演劇とも違う初めての経験だったかと思います。

山本千尋(以下、山本):目の前にお客様たちがいるので舞台のようではあるのですが、客席と舞台の間には何台もカメラがあるんです。カメラとお客様様の両方を意識しながらお芝居をするのは初めての経験だったので、とても新鮮で面白かったです。

ーーやはり観客の存在は大きかったですか?

山本:本当に大きかったです! 皆さんの笑い声があると演じる私たちもすごくパワーをもらえてアドレナリンも出て、リハーサルではできなかったようなお芝居ができました。そのときそのときしか味わえない特別なものがありました。また、回数を重ねていくごとにお客様との連携のようなものが生まれていくのも楽しかったです。初回は私たちも初めての挑戦で、お客様たちにも緊張感が伝わってしまっていたんです。でも、お客様たちからの笑い声や存在のおかげでリラックスができて。本当に皆さんと一緒に作り上げた作品になったと思います。

ーー山本さんといえば“アクション”のイメージがあったので、キャスティングが発表されたときは驚きがありました。山本さんご自身はオファーを受けた際は?

山本:自分でもびっくりしました! コメディをしたことがない自分が選んでいただけるなんて思ってもいなかったので。もちろん、アクションをする作品は大好きですし、これからもどんどん挑戦したいと思っています。ただ、女優として成長するためには、アクション以外のお芝居の力をもっともっとレベルアップしないといけないと思っていたんです。そんな矢先に今回のオファーをいただいて。三谷さんの作品は、お芝居で観る方を幸せにする作品ばかりです。そんな作品の一員になれること、新たな挑戦ができること、本当にうれしかったです。

ーー体全身を使って表現するという点では、アクションとコメディの共通点も?

山本:あります! まさに体全体を使っていました。むしろ、アクションをするよりも今回の現場の方が何倍も疲れました(笑)。笑えないぐらい顔が引きつっちゃったり、心も身体も全力投球過ぎて、1話撮り終えるごとに疲労困憊だったんです。今まで経験したことのない疲労感でした(笑)。

ーー随所に山本さんならではのキレのいいアクションもありましたね。

山本:最初に三谷監督から「アクションのスキルをまったく活かせない役でごめんね」と冗談で言われたんです(笑)。でも、台本にはなかったんですが、「普通の人にはできない“蹴り”がここであったら面白いね」と現場でちょっとしたアクションを入れてくださって。私の見せ場を作ってくだって、本当に感謝しかないです。

ーー本作で初めて山本さんを知る人は突然のアクション力にびっくりすると思います(笑)。

山本:それも三谷さんが狙ってくださったんだと思います(笑)。緊張がほぐれる瞬間は身体を動かすときだったので、三谷さんもそれを理解してくださっていたのかなと後々感じました。撮影と撮影の合間にはお客様の前で「剣舞」も披露させていただいたんです。冗談を言うふりをして、裏側でいろいろと気を遣っていただきました。三谷さんの作品は心が暖かくなりますが、一緒にお仕事をさせていただいて三谷さんご自身が本当に暖かい方なんだと。そんな三谷さんに惹かれて、多くの役者さんやスタッフさんが集まってくる。本当にいいチームなんだなと現場で実感しました。

ーー三谷作品の特徴のひとつとして、独特の“間”の作り方があると思います。演じる側として難しさはありましたか?

山本:香取慎吾さん、佐藤二朗さんは、まさに“間”の作り方が本当に素晴らしいんです。お客様の反応を見て、役者たちの反応を見て、その場で常に最善の形に対応できる。間近でそれを見ることができたのは本当に勉強になりました。私は習得できたか分からないですが……(笑)。

ーー初挑戦とは思えない溶け込み具合だったと思います(笑)。

山本:うれしいです(笑)。撮影中もこれだけすごい方たちと一緒に演じられることがどれだけありがたいことかずっと実感していたんです。だから撮影中はみなさんに負けないように食らいつくのに必死でした。

「香取さんは本当に“天才”」

ーー山本さんが本作で最も絡んだのが、父・次郎を演じる佐藤二朗さんだったと思います。現場では?

山本:佐藤さんは“お父さん”というよりも“お母さん”のイメージなんです。あれだけ舞台上で大暴れできるのも、事前に入念な準備をしているからなんです。二朗さんの台本はメモでびっしりなんですよ。アドリブかと思ったら実は周到に考えられているものだったり。私に対しても「ここの間で入った方がもっと面白くなるよ」「こうしたらもっと良くなる」と常にアドバイスをくださって。しかも、それが最初から最後までずっとなんです。すごく色々と助けていただきました。普段はすごく面白い方なんですが、お芝居になるととても繊細で、作品をいかによくできるかを常に考えている方なんです。

ーー主演の香取さんとの共演はいかがでしたか?

山本:香取さんは本当に“天才”だなと感じました。台本を覚えるのもものすごく早いですし、苦戦することってあるのかな?と思うぐらいにどんなものにも対応できる。そして、お客様の前に立つと、それまでと違うオーラになるというか。外から見ていてもお客様が香取さんの虜になっているのが分かるんです。「心を鷲掴みにする」ってこういうことなのかと。その姿がすごく勉強になりましたし、私も客席で観たいと思ってしまうぐらいでした(笑)。作品の中では私のことを知らない設定がしばらく続くので、言葉を直接交わす機会は多くありませんでしたが、言葉にしない優しさをたくさんいただきました。本作を通して、本当にこれ以上ない経験をさせていただいたなと改めて思います。

ーー山本さんにとっても本作は大きな“転機”になったと。

山本:本当に大きな作品になりました。今は世界中の多くの方が環境が変わってしまって、思い通りにならない経験を必ずしていると思います。私もお芝居をさせていただけることがどれだけありがたいことかと実感しました。今は自分にできることを精一杯やっていければと思いますし、本作や今後の作品を通して、少しでも観てくださる方に元気を届けること事ができたらと思っています。

■配信情報
Amazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』
Amazon Prime Videoにて独占配信中
脚本・演出:三谷幸喜
出演:香取慎吾、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ、夏木マリ
ゲスト出演:くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、高嶋政宏、寺島進、稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、さとうほなみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子(登場順)
(c)2020 Amazon Content Services LLC
公式サイト:https://www.amazon.co.jp/dp/B08H53YRZ6

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む