Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

創始130年“新派”史上初オンライン配信決定 「新派な夕べ 劇場で会えなかったあなたのために...」に水谷八重子×波乃久里子×河合雪之丞出演

ぴあ

20/11/12(木) 5:00

「新派な夕べ 劇場で会えなかったあなたのために...」チラシ

劇団新派文芸部・齋藤雅文(さいとうまさふみ)の声掛けにより、水谷八重子、波乃久里子、河合雪之丞をはじめとした劇団新派の面々が集結した、一夜限りの特別公演「新派な夕べ劇場で会えなかったあなたのために...」が本日11月12日に上演された。この度、130年を超える“新派史上初となるオンライン配信公演”として、11月21日からイープラス「Streaming+」で一週間の期間限定配信を行うことが決定した。

1888(明治21)年、文明開化とともに新しい演劇の流れとして起こり、江戸時代から続く歌舞伎を「旧派」とし、日本人の新たな生活に共鳴した「新派」。明治・大正・昭和の日本人を丹念に描き出す新派は、大衆に愛され、これまで多くの名作を生み出してきた。130年を超えるその歴史で生み出された名作の数々は、名優たちにより洗練され、磨き上げられてきた一方で、新派にしか出すことのできない、古き良き日本の情緒や風情、時代の匂いを纏う新作も生み出されている。

その新派の話題作を生み出し続けているのが、劇団新派文芸部の齋藤。歌舞伎やミュージカル、大劇場のストレートプレイなど新派以外の舞台にもひっぱりだこの人気劇作家は、新作として次々と話題作を生み出し、三島由紀夫版とは異なる新たな魅力で再演を重ねた『黒蜥蜴』(2017・18・19年)や、映画版のインパクトが強い横溝正史の『犬神家の一族』(2018年)を新派版としてドラマティックに仕上げ、熱狂的な支持を集めた。

その完成度の高さを受け、今年2月には横溝正史ミステリー第2弾として新派版『八つ墓村』を上演するも、公演中の2月28日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止を余儀なくされ、6月に予定していた大阪公演も中止となった。6月は山田洋次演出の『東京物語』再演も中止となるなど、劇団新派は予定していた全ての公演がなくなったという。

そんな状況下で新たに上演される「新派な夕べ 劇場で会えなかったあなたのために...」と題された本公演は、齋藤が立ち上げた劇団内ユニット「新派の子」企画として、『八つ墓供養』『湯島の春』という齋藤雅文書き下ろし2作品と、齋藤も「今聴ける最高のもの!」と絶賛する、新派珠玉の名作『明治一代女』を朗読劇として上演する豪華三本立て。新旧の新派名作を取り上げ、新派の魅力をとことん味わうことができるラインナップで、新派を堪能できるだけではなく、新派入門編としても楽しめる内容となっている。

齋藤、水谷、波乃、河合のコメント全文は以下の通り。

■齋藤雅文コメント
春。ぜんぶの小屋が閉鎖された。どんどんどん。ここを開けておくれよ!どんどんどん。もうわがままはいわないから!これじゃまるで家なき子だ。急に家のみんなが恋しくなった。ちっとも帰っちゃいないから。くやしいけど、やっぱりぼくは、新派の子か。

■水谷八重子コメント
「怖い」の一言です。普段は鬘をかけると勝手に役になれますが、今回は朗読というスタイルですので、鬘や衣裳はありません。芸者の役では、曳いている裾は衣裳ではなく、身体の一部なんです。ですから、鎧を引っぺがされて生身で放り出されたような心持ちです(笑)。秀吉というお役は、哀しい女。新しい女の出現によって捨てられていく女で、決して敵役ではないですが、今回は敢えて敵役に徹していこうかなと思っています。とても気に入っているお役です。じっとしていられない質なので(笑)、今回、齋藤さんから何かやらなくちゃと言われて熱くなってしまいました。配信ではライブをよく観ています。21日に私もヤマハホールでライブをしますが、岩谷時子先生が数ある新派作品から10作品を歌にしてくださった「ATASHI」というアルバムを、久しぶりに歌います。作曲は新派を全くご存じない中村泰二先生。6月の『東京物語』も中止になってしまいましたので、山田洋次先生が作詞された歌も人前で初めてご披露します。そして、毎年暮れに開催している朗読『大つごもり』では、新派4年目の若手二人が主演を勤めます。東京プロジェクト「アートにエールを!」に認めていただき、今年はクリスマスでの開催です。命あるかぎり、お客様とご一緒にいたい私なんです。

■波乃久里子コメント
今年は、4歳で初舞台を踏んでから芸能生活70年の記念の年でございました。ところが、2月に公演途中で中止となった『八つ墓村』以来、長らく舞台から遠ざかっております。その間、甥の勘九郎に「マロンのお掃除ルーティン」を撮影してもらい、YouTubeで流してもらったところ、現在30万回近くの再生をいただいているそうです。ありがたいことですよね。私はオンライン配信と言われても甥っ子たちにやってもらわないと観ることが叶いませんが、私のような方も、是非この機会にご家族や親戚、知人友人の方と連絡を取ってみられてはいかがでしょうか。そして、新派をみなさんでご覧になりませんか?叶家お梅は、花柳章太郎先生や(初代水谷)八重子先生がなさってらしたお姿が今でも鮮明に残っています。朗読という形ですので、川口松太郎先生が書かれた台詞のひとつひとつをしっかりと、大切にしたい。近松門左衛門や河竹黙阿弥、シェイクスピアの台詞も、役者の肉体を通して放たれることで今日まで繋がってきたように、素敵な新派の世界をお伝えしていきたいですね。一幕目には、私の一番弟子の鴫原桂が『八つ墓村』の後日譚を楽しそうに勤めています。幕見でも、通しでも、新派初のオンライン配信ですので、“初物は縁起がいい!”ということで多くの方に観ていただけますと幸いに存じます。早く皆様と舞台でお会いできる日を楽しみに......それまでは、こちらの配信で新派に触れていただけますと嬉しいです。

■河合雪之丞コメント
齋藤さんから「新派の子」というネーミングを聞いたとき、すごく腑に落ちたというか、「あっそうだ、私たちは新派の子だ!」と納得をしました。いつになったら皆さんに舞台を見ていただけるのか毎日そのことばかり気になっていたときでした。まだまだ本舞台は無理だとしても、お客様の前に立てること、本当に嬉しく思います。今回、久里子さんと八重子さんとご一緒に『明治一代女』を朗読させていただきます。私が巳之吉!?驚きでしたがなんだかとても楽しみです。新鮮です!!配信も準備しているとのこと......皆様お見逃しのなきよう......。

「新派な夕べ 劇場で会えなかったあなたのために...」
■公演:11月12日(木)17時開演/品川・六行会ホール(東京都品川区北品川2-32-3)
■演目:『八つ墓供養』『湯島の春』『明治一代女』
■出演:水谷八重子波乃久里子河合雪之丞/尾上墨雪ほかオンライン配信
■配信期間:【一週間限定配信】11月21日(土)12:00~11月27日(金)23:59
■配信場所:イープラス「Streaming+」お申込みURL:https://eplus.jp/shinpa-st/
■チケット:通し券2,800円幕見券1,000円(税込)
※11月21日(土)12:00~11月27日(金)21:00まで販売。期間中は何度でもご視聴いただけます。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む