Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「君からのBirthday Card」チラシ

石井一孝の“一人芝居ミュージカル”「君からのBirthday Card」再演

ナタリー

19/8/16(金) 18:07

石井一孝の“一人芝居ミュージカル”「君からのBirthday Card」が、9月15日に東京・浜離宮朝日ホール 小ホールで再演される。

石井が原案・作曲・主演を務める本作は、昨年11月に初演された作品。公演は2部構成となり、第1部では石井によるミュージカルが上演される。大谷美智浩が脚本協力・演出を手がけるこの物語では、「1999年7の月に人類は滅亡する」というノストラダムスの予言を信じ、意を決して意中の女性に告白する男性と、その相手の女性との愛が描かれる。

また第2部のミニコンサートでは、実写版映画「アラジン」でジャスミンが歌う「スピーチレス~心の声」を、ディズニーのアニメーション版でアラジンの歌を担当した石井が歌唱する予定だ。

なお本公演では、大澄賢也と吉川哲朗が振付を担当するほか、ゲストに佐々木崇を迎える。ミュージカルを作る夢を持ち続けていたと言う石井は、再演に向けて、「新曲も加えて美しいメロディーとグルーヴィーな音世界を皆さまにお届けしたいと思います」とメッセージを送った。

石井一孝コメント

「ミス・サイゴン」でデビューして「レミゼラブル」に育ててもらったミュージカル人生も、もう27年。右も左もわからぬまま飛び込んだ「ミュージカルの世界」に感謝の気持ちでいっぱいです。その想いから、ミュージカルを創ってみたいという夢をずっと持ち続けてきました。元々シンガーソングライターを目指していた僕ならではのアプローチ……すなわち全曲作曲し主演もするということを念頭に進めました。登場人物の心の機微を捉えた曲を、誰よりも役者の気持ちを理解できるはずの自分が書く。そこに意味があるはずだし、それが個性になるはずだ。その感覚が出発点でした。

「メロディアスで、ドラマティックで、なおかつ作品のテーマとなるメロディーを効果的に繰り返すこと」。このミュージカル作曲においての最重要ポイントをいかして曲を書きました。脚本の流れを理解して登場人物の情緒を細かく表現する。この作業が楽しくて楽しくてなりませんでした。これは僕自身、大きな発見でした。やはり演劇が大好きなんですね。今回の再演では、さらに新曲も加えて美しいメロディーとグルーヴィーな音世界を皆さまにお届けしたいと思います。

「もし自分の命の終わりを知ったら、あなたは愛する人に何を伝えますか?」
キャッチコピーからもお分かりのように切ないストーリーですが、笑いと情熱という縦糸・横糸で彩り豊かに織り上げる作品です。1幕が1人ミュージカル、2幕がミニコンサートの二部構成。2幕では、佐々木崇くんに僕が書き下ろす新曲を歌い踊っていただきますし、現在大ヒット中の実写版「アラジン」よりジャスミン姫のソロ「スピーチレス」を歌います。アラジンの歌はもちろん、ジーニー、ジャファーの名曲さえも何度も強奪して歌っている私(笑)。今回でアラジン主要役の歌う名曲はコンプリートとなります。こちらもお楽しみに!

「君からのBirthday Card」

2019年9月15日(日)
東京都 浜離宮朝日ホール 小ホール

原案・作曲・出演:石井一孝
脚本協力・演出:大谷美智浩
振付:大澄賢也、吉川哲朗
ゲスト:佐々木崇

アプリで読む