Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スカパラが山下健二郎ら出演ドラマ『遊戯みたいにいかない。』の主題歌担当

CINRA.NET

19/2/15(金) 12:00

東京スカパラダイスオーケストラが連続ドラマ『遊戯みたいにいかない。』の主題歌を担当することがわかった。

4月17日から日本テレビで放送される『遊戯みたいにいかない。』は、2017年に配信されたシチュエーションコメディードラマ『漫画みたいにいかない。』の第2弾。ファミコン世代とスマホゲーム世代の間で起きる様々な事件やハラスメントを描く。引き続き、角田晃広(東京03)、飯塚悟志(東京03)、豊本明長(東京03)、山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、山本舞香が出演し、監督、脚本はオークラが務める。ニイルセンによるアニメーションも見どころのひとつとなる。

作詞を谷中敦、作曲をNARGOが担当した主題歌は、東京スカパラダイスオーケストラがドラマのために書き下ろしたオリジナルの新曲。ドラマの撮影現場にも訪れたという谷中は「歌詞はファッションや音楽を題材に、過去の文化を自由にミックス出来る今の世の中、そして昔に比べたらとっても便利な世の中で、実はあとはお互いに許しあうだけでとっても幸せな世の中に出来るんじゃないか?という可能性を謳ってます」とコメントを寄せている。タイトルなどは後日発表。

谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)のコメント

撮影現場にお邪魔したとき、ミニマムなセットで繰り広げられる緻密なドタバタに、何だか抱き締めたくなるようなユーモアを感じました。そして、そのあとに自分に浮かんできた言葉が『許しあうならハッピー、憎みあうならゾンビー』でした。ハッピー?ゾンビー?人生楽しくいきたいですね!笑
歌詞はファッションや音楽を題材に、過去の文化を自由にミックス出来る今の世の中、そして昔に比べたらとっても便利な世の中で、実はあとはお互いに許しあうだけでとっても幸せな世の中に出来るんじゃないか?という可能性を謳ってます。

NARGO(東京スカパラダイスオーケストラ)のコメント

今回、テーマ曲を担当させて頂き大変光栄に思っております。まず台本を頂いたとき、その独特な世界観に引き込まれました。ワンカメのゆったりしたテンポ感を感じたので、逆に激しい曲が良いのではと思い作業を進めていったのですが、どんどんとアイディアが膨らみ、制作が進んでいきました。
僕らも音楽的に新たなチャレンジを沢山盛り込めたんじゃないかなと思ってます。
ドラマと合わさった時にどの様になるのかとても楽しみにしております。

アプリで読む