Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

レディー・ガガ、夫役アダム・ドライバーとの共演を回想「最高にワクワク」

ナタリー

中央左からレディー・ガガ、アダム・ドライバー。

「ハウス・オブ・グッチ」のロンドンプレミアが、イギリス現地時間11月9日にオデオン・ラックス・レスター・スクエアで開催された。

「最後の決闘裁判」のリドリー・スコットが監督を務めた本作は、ファッションブランド・GUCCIを創業したグッチ一族を題材としたサスペンス。創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチが殺害された事件を通して、一族の光と影が描かれる。実行犯の黒幕として浮上した妻パトリツィア・レッジャーニをレディー・ガガ、夫マウリツィオをアダム・ドライバーが演じた。

ガガは「脚本そのものだけでなく、このキャラクター(パトリツィア)に惚れ込んだの。正直なところ、私は彼女の強さを尊敬する。そして弱さもね」とコメント。「この作品において、私たちはある女が崩壊していく物語を見るのだと思う。ある意味、女だけが理解できる物語」と語る。また、彼女はドライバーとの共演を「最高にワクワクするものだった。彼は熟達したプロで、優秀で、理知的で、楽しく、愉快なの」と振り返った。

マウリツィオの従兄弟、パオロ・グッチを演じたジャレッド・レトはガガを「彼女との共演は最高だったよ。彼女は夢のようだった。彼女の勇気、仕事に対する姿勢は素晴らしいと思うし、共演できて光栄だね。一緒のシーンがもっとあったらよかったのにと思う」と称賛。マウリツィオの父、ロドルフォ・グッチ役のジェレミー・アイアンズは、スコットを「フィルムメーカーであるだけでなく、画家でもあると言える。彼はスクリーン上に素晴らしい絵を描くんだ」と語った。

「ハウス・オブ・グッチ」は2022年1月14日に公開。

(c) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

アプリで読む