Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』テレビ初放送決定 梶裕貴、生駒里奈、内田真礼ら出演

リアルサウンド

20/5/20(水) 10:00

 朗読劇、恋を読むvol.2『逃げるは恥だが役に立つ』が6月13日よりCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ」にてテレビ初放送されることが決定した。

【写真】『逃げるは恥だが役に立つ』舞台写真

 本作は、東宝が贈るラブストーリーに特化した朗読劇シリーズ「恋を読む」の第2弾。2012年より2020年に渡り月刊『Kiss』(講談社)にて連載された海野つなみの人気コミックを朗読劇として初舞台化し、2019年10月2日から6日にかけて東京、12月7日と8日に名古屋で上演された。

 原作は、夫が雇用主、妻が従業員の契約結婚という斬新な設定ながら、笑いと胸キュンあふれる展開、仕事や夫婦の在り方に自分たちらしく向き合う主人公たちの姿が多くの読者の共感を呼び、2015年に第39回講談社漫画賞(少女部門)を受賞。その後、新垣結衣と星野源の共演でTBSにてテレビドラマ化された。

 朗読劇の脚本・演出を手がけたのは、「恋を読む」シリーズ第1弾『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に続き、日本の小劇場シーンを牽引する劇団「ロロ」主宰の若手劇作家、三浦直之。また、梶裕貴、吉沢悠、生駒里奈、内田真礼、友近ら、舞台俳優や声優、アイドル、芸人と様々なバックボーンをもつキャストが4人1組で日替わり出演し、同じ脚本でも組み合わせによる個性の違いを楽しめる作品となっている。

(リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む