Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

MIGMA SHELTER「Psy Spirit Tour」東京公演の様子。(撮影:稲垣謙一)

MIGMA SHELTER東名阪ツアーファイナルで涙、アルバム発売と全国ツアー開催を発表

19/10/20(日) 12:24

MIGMA SHELTERが昨日10月19日に東京・SOUND MUSEUM VISIONで東名阪ツアー「Psy Spirit Tour」の最終公演を行った。

9月に新メンバーのナーナナラを迎え、10月15日に新体制でのニューシングル「TOKYO SQUARE」をリリースしたMIGMA SHELTER。東名阪ツアー最終公演のチケットはソールドアウトし、満員のフロアは開演前からファンの期待と興奮に包まれていた。そこへ登場したのはディレクターの田中紘治と楽曲のプロデュースを手がけるタニヤマヒロアキ。2人は来春発売予定のフルアルバム「ALICE」(仮)の制作に取りかかっていることを明かし、2020年3月下旬にはアルバムのリリースツアーが行われることを発表した。アルバムの収録曲は全曲新曲で、ツアーには北海道や沖縄での公演が含まれるという。またアルバムの制作に併せて楽曲制作費とMV制作費を募るクラウドファンディングが行われることも決定。目標額を超える金額が集まった場合はワンマン公演のデコレーション費用に充てられるとのことだ。

サプライズ発表により会場がどよめく中、舞台袖から「ガンギまっていきまっしょい!!」とかけ声が聞こえ、ミミミユ、ブラジル、ユブネ、タマネ、レーレ、ナーナナラの6人がいよいよステージに登場。ダウナーなニューシングル収録曲「宵の歌」でレイヴは静かに幕を開けるが、曲調とは裏腹に観客のボルテージは一気に上昇する。6人はほぼノンストップかつシームレスにパフォーマンスを展開し、グループのテーマ曲とも言える「Svaha Eraser」、盆踊り風の振り付けが印象的な「GIPS」、怪しく激しいトランスナンバー「Mo' Strain」といった楽曲でフロアはどんどん一体感を増していった。

ミニマルなサウンドと超重低音が鳴り響く「Parade's End」、ブラジルの切なげなソロが際立つ「NAME」に続いて轟音ギターが炸裂する「69」が投下されると激しいモッシュが発生。フロアが汗まみれになる中、美しいメロディラインが印象的な「Spider Line」やディープな世界観の「the Answer」が披露され、会場に陶酔感が生まれる。ここでグループ随一のキラーチューン「Compression: Free」のイントロが鳴ると大歓声が巻き起こり、同曲のクライマックスではカオスと化したフロアを見下ろすようにミミミユが狂おしく舞い踊った。

さらにレイヴ定番曲「Joint」ではメンバーと観客がシンガロングで盛り上がり、大団円のようなムードが生まれるが、余韻に浸る間もなく静かに始まった新曲「明けの歌」が徐々に激しさを増していく。そして最後に披露されたのは、“東京という街で1つになろう”というメッセージが込められたグループの新たなアンセム「TOKYO SQUARE」。この曲ではそれぞれのソロダンスパートも用意されており、踊りながら涙ぐむメンバーの姿が印象的なエンディングとなった。

パフォーマンス終了後にはメンバーがそれぞれ挨拶。ブラジルは「今日はありがとうございます」と口にした途端に涙ぐみ、加入したばかりのナーナナラやスタッフに感謝すると「最高の舞台にすることができました」と語った。これを受けてミミミユも「いいこと言うじゃん」と涙。ユブネは「MIGMA SHELTERのユブネでいられることが本当に誇りです。大好きなメンバーと遠い道のりを歩いていきたい」と熱い思いを語り、タマネは「なんか、なんか、ママー」と泣きながら来場者に精一杯の感謝を伝えた。

また2月に解散したTHERE THERE THERESの元メンバーであるレーレは、満員のフロアを見渡しながら「この道を選んで本当に良かったなと思って、幸せ」と涙をこぼし、「これからも愛されるグループになろうね」と呼びかけた。続いて新メンバーのナーナナラが「ナラは入って1カ月……」と呟くと笑いが起こるが、彼女は「1カ月、本当にナラでよかったのかな、いろんなことができてなくて、みんなのことが大好きだから迷惑かけたくないのに」と悩みを抱えていたことを明かし、「これから迷惑かけた分、MIGMA SHELTERに貢献できるようがんばるのでよろしくお願いします」と決意表明した。

最後はリーダーのミミミユがフロアに背を向け涙を隠しながら「続けてきてよかったなって思いました。これからもいろんなところでレイヴしたいね」とメンバーに語りかけると、観客も歓声で応える。好調なスタートを切ったにも関わらずあっけなく崩壊した前体制、思うようにいかなかった時期をブラジルと2人で乗り越えて現体制に至った経緯を知るファンが涙ながらに拍手を送る中、メンバーは来春のアルバム発売とツアーに向けての思いを語って会場をあとにした。

MIGMA SHELTER「Psy Spirit Tour」
2019年10月19日 SOUND MUSEUM VISION セットリスト

01. 宵の歌
02. Svaha Eraser
03. GIPS
04. Mo' Strain
05. Parade's End
06. NAME
07. 69
08. Spider Line
09. the Answer
10. Compression: Free
11. Joint
12. 明けの歌
13. TOKYO SQUARE

アプリで読む