Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)の外観イメージ。

池袋のライブエンタメビル事業にネルケ参入、300人収容のスペースがオープン

ナタリー

19/12/6(金) 16:49

講談社による“池袋LIVEエンターテインメントビル”「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」が、3月19日に東京・池袋にオープンする。

これは、本日12月6日に東京都内で行われたプロジェクト概要発表会でアナウンスされたもの。Mixalive TOKYOは、今年営業終了したシネマサンシャイン池袋が入居していたビルにオープンする予定で、地下1・2階には、キングレコードが運営するライブスペース「Club Mixa」、講談社関連の作品発表会やトークショーを行うスペース「Hall Mixa」、4・5階には、テレビ東京が番組の公開収録等を行う「Studio Mixa」、ブシロードが扱うコンテンツのオフィシャルショップ「Store Mixa」、6階から8階にかけてはネルケプランニングがプロデュースするスペース「Theater Mixa」、9階にはカフェスペース「Live Cafe Mixa」が設けられる。

会見には、講談社の野間省伸代表取締役社長、豊島区の呉祐一郎副区長のほか、パートナー企業であるテレビ東京、ネルケプランニング、ブシロード、ムービック、UUUM、キングレコードの代表者、その他関係者が出席。ネルケプランニングの松田誠代表取締役会長は、Theater Mixaの収容人数が約300人であることに触れ、「キャパシティ的にチャレンジし甲斐のある劇場。いつかMixaliveから新しいスターを輩出したい」「現段階の構想ではありますが、1カ月単位で公演をやっていきたいと考えています。今後のラインナップにご期待ください」と展望を述べた。

※初出時より、本文の表現を一部変更しました。
アプリで読む