Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ORESAMA×空間演出ユニットhuez、光と音で現場を進化させるーー共に創り上げたワンマンライブを見て

リアルサウンド

19/12/15(日) 18:00

 ORESAMAが12月6日、渋谷WWW Xでワンマンライブ『ORESAMA -POPUP BOX Supported by huez-』を開催した。

 ORESAMAのワンマンライブは今年の2月以来で、金曜夜の開催というのもあってか会場は開演前からすでに熱気で充満していた。人がぎゅうぎゅうに詰まった状態で、開演した途端に客席全体から大きな歓声が湧く。ステージに登場したぽんは「みなさん今夜は最高の夜にしていきましょう。準備はいいですかー!」と叫び、1曲目の「cute cute」へ。ぽんの柔らかく、高らかな歌声が会場に響き渡る――。

 ぽんの歌声は、突き抜けるような高い音域の中にもどこか“儚さ”や“寂しさ”を感じられて、それが聴く者の心を惹きつけているように思う。ディスコ調のポップなサウンドの中で彼女特有の歌声が浮き立ち、観客と呼応するのだ。MCの前に必ずひと呼吸置く独特のテンポ感も、たまに小島英也と交わす何気ない会話のトーンも、どれもORESAMAのライブにしかない唯一無二の空気である。後ろでバックアップするDJ・MONICOも含め、バンドメンバー全員で一体となってステージを作り上げているが、その中で非常に強い存在感を放っているのが、彼女のそのどこか物憂げな歌声であろう。

 「cute cute」や次曲の「PEARLY×PARTY-Funkapop ver.-」でのレトロなステージングから、「誰もが誰かを」での万華鏡のように光る演出へと移り変わると、会場はさながらSF映画のような空間へと変化した。その後の「オオカミハート」や新たにアレンジされた「ドラマチック」では、スクリーンの映像と照明が一体となり、いわゆる普通の映像演出とは異なる新鮮なライブが展開された。今回の公演は、以前からもレーザー演出でサポートを受けていたhuezチームとのより強固なコラボレーションが大きなポイントとなっている。

 huezは、多くのアーティストのライブ演出を手掛ける空間演出ユニットだ。この日は筆者が確認できただけでもステージ上に門型のライトが3枠、客席側にも3枠、ステージから客席側へ放射状に照射されるレーザーが4本、同様のレーザーの会場の両壁面にも1本ずつ、そして天井からスポットライト的に照射される大きな1本。また、会場全体を様々な形状のライトで照らす装置もあった。これらが最初に光った瞬間は会場から「おお……」とどよめきが起きるほど、ライブを盛り上げる役割として絶大な効果を果たしていた。

 定額ストリーミングサービスの普及により、多くの人びとが音源そのものに容易に触れ易くなったことで、相対的に“現場”の価値が上がっている昨今、アリーナ規模やドーム級の大会場はもちろん、今回のように渋谷WWW Xのような箱でライブを行うアーティストにおいても、演奏や歌唱力以外の面、すなわち“テクノロジー”の面に積極的に気を配ることが求められるだろう。その際、照明という分野はまだまだ発展途上。現状は会場スタッフに任せるアーティストも多く、今後の音楽シーンにおいて大きく進化する余地が残されている。

 今回、チケットの即日SOLD OUTに伴い機材エリアが開放されたため、たまたまhuezチームの真裏でライブを楽しむことができたのだが、ORESAMAの鳴らすサウンドや舞台上の動きに常に目を光らせ、照明の面からもライブを作り上げているのがしっかりと確認できた。この日のライブの盛り上がりは確実に彼らの協力があってこそだと言えるだろう。もともとアニメーションをスクリーンに映し出すことで視覚的にも楽しめるライブを展開しているORESAMAだが、彼らが加わったことによってそれがよりパワーアップし、どこか近未来のイベントを体感している気分を味わえた。

 「Waiting for…」では光が会場全体に照射され、きらびやかな空間が演出されると、MONICOによるDJタイムへ。バキバキなエレクトロサウンドを繰り出しながら機敏な動きで観客を煽る。

 後半は「OPEN THE WORLDS」からスタート。「来年も私とみんなで一緒に遊べるように、私たちの作るものがみんなに届くように願いを込めて、この曲を一生に歌いましょう!」と言うと、曲のイントロと大歓声が入り混じり、「「ねぇ、神様?」」へ。

 その後のMCでは、来年春に新シングルがリリースされることと、4月16日にワンマンライブを開催することを告知。これにはファンも大喜びで、すぐさま予定を確認する客もちらほら。

 終盤は「ワンダードライブ」「流星ダンスフロア」と人気ナンバーを次々に繰り出しラストスパートをかけ、大拍手のなかステージを後にした。アンコールでは「Hi-Fi TRAIN」と「乙女シック」の2曲を披露し、再度拍手喝采になった会場でぽんが大きく「ありがとうございました! 4月16日絶対に遊びましょう! またねー!」と言って終演。久々となったワンマンライブを、空間演出による光と音のステージングで楽しませた一夜であった。

(撮影=江藤 はんな(SHERPA+))

■荻原 梓
88年生まれ。都内でCDを売りながら『クイック・ジャパン』などに記事を寄稿。
blog
Twitter(@az_ogi)

■ライブ情報
ORESAMAワンマンライブ@TSUTAYA O-EAST
日程:2020年4月16日(木)
ホームページ先行
受付期間:2019年12月16日(月)23:59まで

ORESAMA オフィシャルサイト

アプリで読む