Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

相米慎二のエッセイまとめた書籍「最低な日々」命日に発売、あとがきは永瀬正敏

ナタリー

相米慎二

相米慎二の書籍「相米慎二 最低な日々」が、命日である9月9日に発売される。

「セーラー服と機関銃」「台風クラブ」などの監督として知られ、2001年に死去した相米。「相米慎二 最低な日々」は、1994年から1995年にかけて彼が月刊誌で連載していたエッセイを書籍化したものだ。映画ジャーナリスト・金原由佳によるインタビュー、助監督時代の作品やデビュー作「翔んだカップル」から「夏の庭 The Friends」までを語る「相米慎二、 自作を語る。」、一問一答集「相米慎二に訊く、50の質問。」も収録される。またあとがきは、“あとがきにかえて”として俳優の永瀬正敏が執筆。本書のことに加え「ションベン・ライダー」での出会いなどをつづっている。

なお特集上映「没後20年 作家主義 相米慎二」の凱旋企画として、9月11日に東京・ユーロスペースで「台風クラブ」の上映がスタート。また全国でも、9月から順次「没後20年 作家主義 相米慎二」が開催される。

永瀬正敏による「あとがきにかえて」抜粋コメント

僕と相米のオヤジ(僕はいつの頃からか彼をオヤジと呼んでいたので、以下その呼称で続ける)の関係性は、映画監督と一俳優というものをはるかに超えていて、本当の血縁関係における父と息子のようなものだった(と勝手に思っている)。だから、息子側としては同性の親にまつわるこっぱずかしさが常にあり、会うと八割は不真面目な言葉を投げあった。ただ、ふとした瞬間にオヤジから出てくる重い言葉が会話の一割、二割あり、結局それが今でもずっと僕の心の中に重く残っている。彼の残したエッセイと一緒。どうでもいいことを書き連ねているんだけど、ラストの締めの一文にオヤジの強い感情が凝縮されていて、その情景が強く浮かんでくる。

アプリで読む