Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

有村架純、志尊淳が「人と仕事」への思いつづる、「皆さんと共有したいです」

ナタリー

「人と仕事」メインビジュアル

ドキュメンタリー「人と仕事」に出演した有村架純、志尊淳からコメントが届いた。

本作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受ける日本で、エッセンシャルワーカーと呼ばれる職業に就く人々や、“声なき仕事人”たちの現状をレポートするもの。当初は有村と志尊のタッグで劇映画「保育士T」を制作予定だったが、新型コロナウイルスによる感染症拡大の影響で企画が頓挫し、市井の人々の声を聞くドキュメンタリーとして再始動した。

有村は「私もこの作品を観て、仕事という価値や意味を、少しずつ咀嚼しているところです」と心境をつづり、志尊は「一人一人のお話を聞かせて頂き、心に触れて、色々な想いが湧き上がってきました。知ること、感じることの大きさを肌で感じました。皆さんと共有したいです」とコメント。なお明日9月3日に、2種の「お仕事応援!バーチャル背景」付きムビチケ前売り券がオンラインのみで発売される。

「人と仕事」は10月8日より3週間限定で上映。「さんかく窓の外側は夜」の森ガキ侑大が監督を務め、「新聞記者」で知られるスターサンズの河村光庸が企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを担当した。

有村架純 コメント

世界中が大きな混乱を迎えて1年半。常に私たちは、今日、明日、何が起こるかわからない毎日の中生きてきました。自分の仕事は、様々な職種、人物を生きること。常に皆様が就いておられるお仕事と密に関係していて、
“お仕事”そのものが自分の人生に影響を与えている存在です。なくてはならないものです。
私もこの作品を観て、仕事という価値や意味を、少しずつ咀嚼しているところです。
協力してくださった皆様には心から感謝しております。
そして、その皆様の想いが、たくさんの方に届くことを願っております。

志尊淳 コメント

劇映画「保育士T」のクランクインに向けて半年以上前から役者としての準備をしていました。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出され、大変な事だとは理解しつつも、
まさか作品が撮れなくなる事態になってしまう世の中を想像していませんでした。したくありませんでした。
この一年、皆さんの楽しみや大事な行事が失われました。
それでも表現者として、一人間として、届けられるものはあるのではないか。
制作の皆さんの“諦めないで、伝えられる事を”と探求する姿に胸を打たれ、志尊淳として参加させて頂きました。
今の世の中に対する想い、境遇は多種多様です。それぞれの価値観です。
そんな中、一人一人のお話を聞かせて頂き、心に触れて、色々な想いが湧き上がってきました。
知ること、感じることの大きさを肌で感じました。皆さんと共有したいです。

(c)2021『人と仕事』製作委員会

アプリで読む