Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「テルアビブ・オン・ファイア」

ドラマの制作現場で板挟み、イスラエル・パレスチナ問題描いたコメディ公開決定

ナタリー

19/7/19(金) 13:00

第75回ヴェネツィア国際映画祭のInterFilm部門で作品賞と男優賞を獲得した「テルアビブ・オン・ファイア」が、11月22日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

人気メロドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の制作現場を通して、イスラエル・パレスチナ問題の現実をユーモラスに描いた本作。主人公はドラマの制作現場で働くパレスチナ人のサラムだ。毎日検問所を通る彼は、ある日イスラエルの軍司令官アッシに呼び止められ、ドラマの脚本家だと嘘をついてしまう。ドラマ好きの妻に自慢するため、毎回サラムを呼び止め、脚本にアイデアを出すアッシ。このおかげでサラムは脚本家に出世することに。しかし、ドラマが終盤に近付くに連れて、リアリティを求める制作陣とパレスチナのスポンサー、イスラエルをよく見せたいアッシの思惑が交錯しサラムは窮地に立たされる。

サメフ・ゾアビが監督を務め、カイス・ナシェフ、ルブナ・アザバル、ヤニブ・ビトンがキャストに名を連ねた。第45回シアトル国際映画祭でも作品賞を獲得。日本では第31回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品された。開催中の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」のシークレット作品でもあり、8月2日の上映後には、ユダヤ学者の根本豪によるトークイベントが行われる。

(c)Samsa Film - TS Productions - Lama Films - Films From There - Artemis Productions C623

アプリで読む