Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

欅坂46の“2代目おバカ女王”は山﨑天 石森虹花「今回はわかる問題が多かった」

リアルサウンド

19/9/2(月) 12:20

 土田晃之、澤部佑がMCを務める欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)。9月1日放送回では、「欅坂46 第2回学力ランキング」と題して、前回の放送では1位~10位までを発表、2代目インテリ女王には原田葵が輝いた。今回の放送では、おバカ女王が決定する。

(参考:欅坂46『別冊カドカワ 総力特集』から見える裏側 原田葵、平手友梨奈ら発言などから考察) 

 まずは11位~15位は尾関梨香、小池美波、松田里奈、上村莉菜、渡邉理佐、田村保乃という結果に。まさかの順位に思わず土田は「尾関って大学行ってたよね……?」とツッコミを入れると尾関は「やばい、恥です」と絶句してしまった。

 そして、メンバーの珍回答を発表していくことに。13位の松田は理科の「圧力の単位「Pa」の読み方を答えなさい」という質問に「パシベル」と回答。さらに質問欄の周りには「パスタ」「パーソン」「パピプペポ」と謎のメモ書きが。答えは導けなかったものの、なんとなく記憶の片隅にあったらしく「パピプペポを書いたらなんかのワードで出てくると思った」とメモ書きの理由を語った。さらに続けて松田は「今年6月に大阪で開かれたサミットの通称」という質問には「GHQ」と回答。質問欄の周りには本問題の正解である「G20」の文字が。これにはスタジオ一同驚いてしまった。

 そして17位~20位の発表。そこで前回、見事おバカ女王に輝いた石森虹花は「でも多分私18位だと思うんです」となぜか自信を見せる。今回はわかる問題が多く、冷静に答えることができたと語ると、思わず土田は「前回もそんなこと言ってなかった?」とツッコんだ。

 だが、17位は渡辺梨加、18位は小林由依という結果に。小林は前回は8位だったのにも関わらず、今回は10ランクもダウンしてしまい、この結果にMCの2人は驚きを隠せず、その異常なランクの落ち方に「ちょっとショックだよ」とコメントした。そして19位は森田ひかる、20位は鈴本美愉という結果になった。

 21位~25位は順番に、石森虹花、土生瑞穂、山﨑天、藤吉夏鈴、松平璃子という結果となった。石森は名前を呼ばれ「ほらだから~、今回出来たんですと!」と意気揚々と語ると、「おバカの決勝にあがってるのよ!?」と澤部にツッコミを入れられた。山﨑は英語を習っていたにも関わらず英語が0点となっており、理由を尋ねると「リスニングはできるんですけど……」と弱々しく語った。また「Our team has a good captain.」という「私たちのチームにはいいキャプテンがいます」という答えの英文に「ナイスなタコの頭はコンピューター」という珍回答を披露した。どうやらOurをオクトパスと勘違いしてこのような答えを導き出したようだ。また、最下位となってしまった松平は自身の点数を見て「この分野もぼちぼちだな」と驚くべきポジティブさを垣間見せた。

 そしてワースト5位のメンバーで対決し、2代目おバカ女王を決定することに。早押しクイズに正解したら抜けることができ、最後まで残った人がおバカ女王となる。澤部が「さあ、ディフェンディングチャンピオン」と石森に話しかけるも、言葉の意味がわかっていなかったらしく、戸惑う石森にスタジオからは笑いが起きた。

 結果、1抜けは意外にも松平となり、2抜けは土生、3抜けは前回おバカ女王となった石森に。最後には藤吉が抜けてしまい、2代目女王は山崎天となった。今の心境を尋ねられると「嬉しくないです」とテンションが下がっていた。それに対し、前回女王の石森が「試練もたくさんあると思うんですけど、私は今ハッピーになっているので、そういう日がいつかきます、頑張ってください」とエールを送った。

 次回は、9月8日放送予定だ。(向原康太)

アプリで読む