Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ムツゴロウとの対談も「東野幸治のネイチャーなの?」第2弾は動物の“数”で勝負

ナタリー

「東野幸治のネイチャーなの?」第2シーズンより、東野幸治(左)と畑正憲氏(右)。

Paraviオリジナルバラエティ「東野幸治のネイチャーなの?」の第2シーズン全4話が本日11月30日に配信開始された。

「東野幸治のネイチャーなの?」は東野幸治が北海道で自ら野生動物を追う企画。前作では「34時間以内にヒグマを撮れるか」をテーマにロケを行い、東野はヒグマに襲われたことがある人や、「コラ! 来るな!」と野生のヒグマを叱って追い払った人に話を聞いた。スタッフにネイチャーロケ経験がなく、取材はロケハンなしで実施。また時間が限られていたため食事の時間を削り、食事はコンビニで済ませるなど苦労の大きいロケとなった。

第2シーズンは北海道・釧路空港を出発し、最低10種類以上の野生動物を激写して「北海道ネイチャー図鑑」を完成させる。今度は入念なリサーチが功を奏してか、さまざまな動物と遭遇してはカメラに収めることに成功した。また世界でも稀なヒグマ猟師でドキュメンタリー番組にしか出演しない伝説のハンター・久保俊治氏にも取材を実施。ただならぬ空気に緊張感が漂う。

さらに中標津町にある「ムツ牧場」でレジェンドネイチャー“ムツゴロウ”こと畑正憲氏と対面した東野。「ライオンに指を捧げた」という出来事や、ゾウに跳ね飛ばされたこと、大蛇に絞め殺されそうになったことなど、衝撃的なエピソードの数々に耳を傾ける。引退についても話が及ぶ2人の対談に注目。

藤田健太プロデューサー コメント

前回のヒグマ撮影だけでは満足がいかなかった東野さん。迷った末に今回は動物の「数」で勝負をすることにしました。北海道ネイチャー図鑑を完成するために奔走する“写真家”東野さん、伝説のヒグマ猟師にガチンコ取材を申し込む“ジャーナリスト”東野さん。スタジオでは決して見られない勇姿をぜひご覧ください。最後に、ムツゴロウさんは健在でした。

(c)テレビ東京

アプリで読む