Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Final Cut for Real

村上春樹の翻訳家を映すドキュメンタリー『ドリーミング村上春樹』10月公開

CINRA.NET

19/6/27(木) 15:11

ドキュメンタリー映画『ドリーミング村上春樹』が、10月19日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開される。

作家活動40周年を迎える村上春樹に関する初ドキュメンタリーとなる同作は、村上作品の翻訳家として知られるデンマーク人のメッテ・ホルムを追った作品。2016年に『アンデルセン文学賞』を受賞した村上がデンマークの王立図書館でメッテと対談する模様や、同時期にホルムが村上のデビュー作『風の歌を聴け』を翻訳する姿、ホルムが村上の故郷や小説の舞台となった土地を訪れる様子などが映し出される。ホルムは1995年に『ノルウェイの森』と出会って以来、20年以上にわたって村上作品を日本語からデンマーク語に直接翻訳してきた。

メガホンを撮ったのは、『アクト・オブ・キリング』の製作プロダクションFinal Cut for Realに所属するニテーシュ・アンジャーン。公開初日の発表とあわせてキービジュアルが公開された。

アプリで読む