Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

押井守の あの映画のアレ、なんだっけ?

2020年はどんな年でしたか?

月2回連載

第39回

21/1/19(火)

Q.
2020年の押井さんのベスト3を教えてください! また、押井さんにとって2020年はどんな年だったかも教えていただけると嬉しいです!

── 2021年最初の質問は去年の振り返りです。こんな質問をいただいていますが、押井さん、いかがでしょう?

押井 去年は映画館に一度しか行ってないからね。『TENET/テネット』(20)だけなので、3本選ぶなんて不可能です。

── そうですね。もうひとつの「どんな年だったのか?」はいかがですか?

押井 誰も同じだろうけど“コロナの年”ですよ。自分の部屋にいる時間が長かった年です。今年もさほど変わらないんじゃないかと思ってるけどね。

その長い自粛時間でやったのは読書です。こんなに本を読んだのは何年ぶりだろうというくらい、たくさんの本を読んだ。普段読めないもの、いつか読まなきゃと思っていた本を一気読みするいい機会だったから、どんどんクリアしていった。そういう意味では大変充実した1年だったと言えるだろうね。

── シェイクスピアを読んだとおっしゃってましたね。

押井 うん。新しい本を読むんじゃなくて、若いときに読んで、本棚に押し込んでいた本を読み返した。最近の読書はもっぱらこのパターンです。昔の本にもう一度目を通し、捨てていい本と、もう少し持っていた方がいい本を選別していた。今でもこれは続けている。

── その結果、どんな本を残したんですか?

※続きはアプリでお読みください

質問はこちらのフォームからお寄せください!

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む