Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『浅草四人姉妹』 ©国際放映

太田和彦の 新・シネマ大吟醸

『浅草四人姉妹』と『虹の谷』、シネマヴェーラ渋谷の2本

毎月連載

第4回

18/10/1(月)

 浅草の小料理屋夫婦、三島雅夫・沢村貞子(両人とも浅草ものぴたり)には、長女・相間千恵子、二女・杉葉子、三女・関千恵子、四女・岩崎加根子の四人姉妹の子がいる。母は年ごろを心配して見合い写真を見せるが長女は鼻もひっかけず、二女は「姉さんのお下がりなんていや」、三女以下も同じで母はため息をつく。人のよい父は「まあいいじゃないか、うちは女天国だから」と店の卵焼を出し、「今は民主主義、女のおまえたちは何になるんだい」と聞く。
 長身、しっかり者の長女はすでに女医で働いて「先生お姉ちゃん」と頼りにされ、洋裁店に勤める二女はデザイナーを目指し、踊りの師匠になりたい三女は芸者の世界に入り、まだ学生の四女は代議士をめざして勉強中。それでも四人集まると他愛ないケンカで家ではまだ子供だ。

アプリで読む