Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「パリの恋人たち」新場面写真

恋は戦争!リリー・ローズ・デップが宣戦布告する「パリの恋人たち」本編映像

ナタリー

19/11/24(日) 12:00

ルイ・ガレルが監督と主演を務めた「パリの恋人たち」の本編映像がYouTubeで公開された。

本作は、不器用な青年アベルが2人の対照的な女性の間で揺れるさまを描くラブストーリー。彼は同棲するマリアンヌから妊娠を告げられるも、子供の父親が共通の友人であるポールだと告白される。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会するが、ポールの妹エヴからも思いを寄せられてしまう。ガレルがアベル、レティシア・カスタがマリアンヌを演じ、エヴにリリー・ローズ・デップが扮した。

映像には、エヴが「兄の死後独りになり、彼(アベル)を受け入れた」とマリアンヌに対して詰め寄るシーンを収録。マリアンヌは「あなたに関係ある?」と返すも、エヴがアベルへの思いを打ち明け、「理由は説明できない。私にもわからない。彼が欲しいの」「戦争ね」と宣言する姿が切り取られた。

ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘でありながら、女優になることへの願望はそれほど強くなかったというデップ。「若い頃はただお母さんのような人になりたかったです。歌手にもなりたかったし、モデルにも女優にもなりたかったし、お姫様にもバレリーナにもなりたかったですね(笑)。女優になってよかったのは、さまざまな人間になったり、いろんな仕事をしたりできることです」と述べる。

また、デップはガレルとの仕事について「素晴らしい経験でした!」と述懐。「私は長年、俳優としてのルイを称賛してきました。今回、監督としての彼と一緒に仕事をして、その気持ちはますます強くなっています。俳優が監督に何を求めているか、何が必要かを彼は理解してくれるんです」と語った。

「パリの恋人たち」は12月13日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国で順次公開される。

(c)2018 Why Not Production

アプリで読む