Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

牧達弥(Vo, G)(撮影:ハタサトシ)

go!go!vanillas3人で東名阪ツアー幕開け、次は4人で「この続きをやろうや!」

ナタリー

19/4/15(月) 17:45

go!go!vanillasの東名阪ツアー「LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas ~新曲大解禁~」の初日公演が、昨日4月14日に東京・Zepp Tokyoで開催された。

「LIVE! TO \ワー/ RECORDS」は5月15日にニューアルバム「THE WORLD」をリリースするバニラズが「とにかく新曲を聴いてほしい」という思いから、タワーレコードとタッグを組んで実施しているツアー。昨年12月に交通事故に遭ったため現在治療中の長谷川プリティ敬祐(B)は不参加となったが、メンバーはあえてサポートを加えず、プリティが事故以前に演奏したベース音源と共に3人でライブを行った。

メンバーが登場すると満員のフロアから大きな歓声が沸き起こり、観客のボルテージは一気に上昇。牧達弥(Vo, G)は「ステージにプリティがいなくても、ベースはちゃんと入っているので、4人の音でここに立っています」と笑顔で宣言して会場の一体感を高めた。またライブ定番曲「カウンターアクション」のイントロでは柳沢進太郎(G)の先導で「プリティ、ププププリティ!」の大合唱が巻き起こり、「プリティ絶対帰ってこいよー!」の絶叫を合図に曲がスタートする大盛り上がりの場面もあった。「忘れられん1日やな」と恍惚とした表情で語った牧は、最後に「今年の秋にこのツアーのファイナルシリーズを東京で開催します! そのときにはプリティも帰って来させるから、この続きをやろうや!」とファンと約束を交わし、初日の幕を下ろした。

go!go!vanillas「LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas ~新曲大解禁~」(※終了分は割愛)

2019年4月21日(日)大阪 Zepp Osaka Bayside
<出演者>
go!go!vanillas(ワンマン)

2019年4月28日(日)愛知県 Zepp Nagoya
<出演者>
go!go!vanillas / ORANGE RANGE

アプリで読む