Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

令和のアーティストとファンベース 第2回 SKY-HIの視座から見たファンとの関係

ナタリー

SKY-HI

SNSが日常生活に根付いた今の時代において、アーティストがファンとの関係をどのように築き深めていくべきかを探る本連載。第2回には、AAAのメンバーでありながら、ラッパーとしてアンダーグラウンドからシーンのトップランカーに上り詰めた稀有な経験を持ち、現在は株式会社BMSGの代表取締役CEOを務めるSKY-HIに登場してもらった。

現在進行中でワールドワイドに活躍するボーイズグループを発掘するためのオーディション「THE FIRST」を行っているSKY-HI。昨年末にスタートしたオーディションは日本テレビ系「スッキリ」やHuluでも放送・配信され、大きな話題を振りまいている。プロデューサーとしても類まれなる才能を持った彼の目に映るアーティストのあるべき姿、ファンとの関係性とは。

取材 / 宮本浩志 文 / 丸澤嘉明

自分を含むすべての人間にリスペクトや愛情を注いでほしい

──オーディション「THE FIRST」にKLOOZさんがスタッフとして参加していたり、橘慶太さん(w-inds.)がゲスト出演したりしていて、日高さんは仲間を大切にするし、大切にされているイメージがあります。「仲間やスタッフをファンにさせる」こともすごく大事だと思うんですが、意識していることはありますか?

自分で自分をリスペクトしてあげて自分に愛してもらって、次に一緒にやっている近しい人にちゃんとリスペクトを向けてリスペクトしてもらい、その先にやっと不特定多数のいわゆるファンと呼ばれる方に同じように届いていく。そういう順番は間違いなくあると思うので、それらのどこかをすっ飛ばすということはないと思います。

──「THE FIRST」でもオーディションに参加している若いアーティストの方々にリスペクトを持って接しているのが伝わってきます。

今言ったことを自分自身ができていないと、彼らが感じてくれることはないと思うので。自分を含むすべての人間にリスペクトや愛情を注いでほしいですし、彼らにはステージに立つ以上、人の心を動かすパフォーマンスをしてほしい。単純に歌がうまい、ダンスがうまい、ルックスがいいということで人の注目を集めるのではなく、ちゃんと血の通った音楽を作り、血の通ったパフォーマンスをしてほしいと思っています。日本ではボーイズグループやアイドルに対して、そういうものを重要視しない風潮もあると思うのでそこを絶対に変えたくて。K-POPアーティストのクオリティはすごいですし、近年では意志やメッセージの強さ、深さもすごいです。それがファンベースの強固さにつながっている部分は確実にあると思いますね。

オープンSNSでの広がりには期待も重要視もしていない

──今はアーティストもSNSに恒常的に存在し続けて、ファンと“オン”の状態を保つ必要があると思います。その点についてはどのようにお考えですか?

コンテンツの数が非常に大事な時代だと思うので、よくも悪くも時間を切り売りせざるを得なくなってますよね。ただ、ファンの方たちに望まれる姿を演じ続けることはもうできないと思いと思います。ほころびが出るということもありますけど、それ以上にもし完璧に演じられたとしてもアーティスト側の心が持たないので。自分は経営者として所属アーティストにそういうことをさせたいとは思わないです。

──BMSGは「クオリティファースト」「クリエイティブファースト」「アーティシズムファースト」を理念として掲げていますが、クリエイティビティとSNSのバランスをどう保ち続けるのが大事だと考えられていますか?

正直なところ、オープンSNSでの本人の投稿からの広がりにはそんなに期待も重要視もしていないので、応援しようと思ってくれたファンの人のための新しい枠組みを作って、そこで定期的にプライベートカットなど何かしらのコンテンツが見られるようにする必要があると思っています。V LIVE(※韓国のライブ配信アプリ)とかWeverse(※BTSの所属事務所HYBEのファンコミュニティアプリ)的ものは作りたくて、今はアプリを開発しているところですね。現状自分のところのアーティストが使うことだけを考えていますけど、もし可能であったら他事務所のアーティストやアイドルも参加してもらえるやり方もあるんじゃないかと最近は思っています。

──まさにV LIVEやWeverseについて日高さんがどう考えているのか伺いたかったんですが、そういう計画をお持ちなんですね。V LIVEにはアーティストの人となりがわかるようなコンテンツが追いきれないほどたくさんあって、ファン同士が新しいものをレコメンドする流れが生まれていますよね。

そういうものが圧倒的に必要だと思うので。TwitterやInstagramのように誰でも無料で登録できて、プライベートの友人と好きなアーティストを一緒くたにタイムラインに並べてしまう状態は、情報発信するこちら側としてはすごく非効率ですよね。あと出したものに対して当然リアクションが不特定多数の方からくると思うんですけど、それがどのくらい応援してくれてる方なのかわからない。よく話題になるアンチズムみたいな話にしても、強い気持ちで否定しているのかもしれないし、もしかしたら当事者的には冗談のつもりだったのかもしれない。オープンSNSでは、そういうくだらない事故ってなくならないと思うので、本当にアーティストを応援してくれる人のために、別の仕組みを作ったほうがいいと思いますね。

どんなマクロもスタートはミクロである

──Weverseはユーザーのタブとメンバーのタブがあって、体感的に同じ場所にいる感覚になれるところが大きいと感じているんですが、アーティストとファンとの距離感についてはどのように考えていますか? 今後もっと近くなっていくのか、それとも適切な距離を保っていくのか。

後者が近いと思うんですけど、見てほしいと思うものだけを出していけばいいんじゃないかと思いますね。プライベートなもの、悪い意味で言うとプライバシーに関わるものであればあるほど喜ばれるという状況は、やっぱりポジティブではないですよね。オープンSNSのフォーマットに則ってフォロワー数やPV数を増やすためにそういうことをやっている作り手側にも問題はあると思うんですけど。

──見てほしいものというのはどうやって決めていくのでしょう?

今考えているのは、ファンダムについて詳しいスタッフに管理人的なポジションをしてもらうということ。どんなマクロもスタートはミクロというか、1万人いるお客さんは1人の集合体だと思うので、まず内側にいるスタッフを信頼して、そのスタッフの求めるアーティスト像と自分の考えをすり合わせていけば、ファンが求めるものとのズレもそんなに生まれないと思っているんですけど、なんせまだやってないので(笑)。自分が運営しているファンコミュニティ「B-TOWN」はそのあたりを勉強させてもらっている感じですね。さっき言った通り、TwitterやInstagramのリアクションっていうのはファンの方なのかたまたま通りすがった方なのか区別つかないので、クローズドSNSでやり取りすることは自分にとっても非常に学びのあるものになっています。

芸能やクリエイションを気軽に学べる場所を作りたかった

──「B-TOWN」は、月額500円で従来型のファンクラブに近い「Resident」と、月額5000円払うオンラインサロン型の「Architect」を組み合わせた点が新しいですが、この形を取り入れようと思った理由は?

日本は新卒採用されて芸能事務所で働き始める方が多くて、芸能にまつわるメソッドとか根本の知識を22歳以降に学び始めますよね。専門的な職業でもあることを考えると、ちょっと遅いんじゃないかという疑問がある。ひと括りにするのは難しいんですが、韓国のファンダムと日本のファンダムの違いで言うと、韓国ではファンの人もクリエイションやマネジメントに対する意識が高いじゃないですか。ここ数年顕著でBTSは特に象徴的ですけど、いろいろな意味でファンのリテラシーが高くなっている状態というのは理想的だし、エンタテインメントのあるべき姿だなとも思っていて。日本でも芸能やクリエイションの根本の部分を気軽に学べる場所を作りたくて、それがサロン型を取り入れた理由の1つ。

──なるほど。

あとは会社をオープンしたもののオーディションでメンバーが決まって実際に走り出すまでは運営資金がないという経営的な理由もあります。本当にやばいと思ったので(笑)。

──それは確かに(笑)。

その点は非常に助けていただいている意識があって、なのでその分楽しんでもらえるものにしたい気持ちはすごくあります。そのうえでファン目線で何が楽しいのか、自分も学ばせてもらっている感じですね。

──「THE FIRST」でも日高さんは「一緒にやっていこう」というスタンスですが、「B-TOWN」に関しても音楽マーケティング的なことをサロンのメンバーと一緒に学ぼうという意識ですか?

そうですね。アーティストはステージ上でパフォーマンスして、ファンはそれを享受するだけという旧来の関係値は時代的に難しい。ただ旧来の時代が長すぎたから急には方向転換しづらいところもあるので、興味を持ってくれる近しいコミュニティやファンベースみたいなところから始めようと思って。ステージに立つ人間を支える人たちの意識を向上することができたら、それはエンタテインメント業界に変革を起こす最初の波になると思うし。

──そうですね。

自分がジェイ・Zの「BACK STAGE of Hard Knock Life Tour」(※ロッカフェラ・レコード主催の大規模ライブツアーに密着したドキュメンタリー)が大好きだというのもあって、アーティストのステージの裏側を見せることでサロンのメンバーの方にも喜んでもらえてるんじゃないかと思っています。

──ツアーはもちろんまだ行われていませんが、裏側を見せるという意味では「THE FIRST」もまさに同じですね。

それは本当に意識しているし、書類選考の段階で素敵なグループができるという確信はあったので、ただ才能のある子が輝いてがんばっているところを見せるだけというより、過程をしっかり見せたい気持ちがあって。今まだオーディションは継続中ですけど、心身ともにワールドスターになる状態へとちゃんと育成したい気持ちと、そのプロセスを見せたい気持ちがすごくあるので、自分が見ていても本当に面白いですね。彼らはどんどん変わっていくので。

──ドキュメンタリー番組だと人間性が生々しく映し出されてしまうからこそ、メンバーに対する誹謗中傷につながる危険性もあると思うのですが、そこを映す映さないの線引きはどう考えていますか?

本当に台本なしでやっているので、映せないものは映せないで当然いいんだけど、意識的に映さないのはちょっと違うなという気持ちはすごくあります。例えばぶつかり合いがあったときって、どちらか一方、もしくは両方が悪く見えやすくて自分も懸念はしてるけど、かと言って完全に映さないということはしないようにしています。自分が編集に参加しているHuluやYouTubeでの番組本編は本当に気を付けているけど、それ以上に拡がっていくときに望んでいない方向に注目が集まりやすいポイントでもあると思うので、懸念がある放送の前後には参加者の方とBMSGで直接やりとりをしています。

自分自身の心情がリンクして生まれた「To The First」

──「THE FIRST」のテーマソング「To The First」についても聞かせてください。「怖くても進め」という歌詞が、オーディション参加メンバーや日高さんご自身の心情とリンクしているようですごく印象的でした。

自分自身、人生懸けた勝負になるというのは感じていたけど、2mくらいの断崖絶壁をジャンプするような感じではあって。2mって普通だったら飛べるけど、踏み切るまでが怖いみたいな(笑)。このタイミングで「THE FIRST」のオーディション受けてくれた子たちも何かしらの傷や過去を抱えている子が本当に多いので、未来に対してのリベンジという気持ちを入れたかったし、「怖くても進むんだ」っていうのは本当に思いましたね。それをそのまま曲にしたかったので、オーディションで彼らが語る話や自分自身の心情がリンクして生まれた楽曲なのは間違いないです。

──日高さん自身も曲に勇気付けられている感じでしょうか?

まさしくそういう感じです。奮い立たせてもらいましたし、いまだに恐怖を感じるときは曲に励まされてるし。それだけではなくて実際に彼らが少しずつ壁を乗り越えるところもリアルタイムでずっと見ているので、彼らに力をもらっているし、がんばってほしいとも思っている感じですね。

──この曲を使って日高さんがフリースタイルで踊る動画が公開されていて、ダンスのレベルの高さに驚いたのですが、このダンスビデオに込めた思いも聞かせていただけますか?

あのダンスは本当にエモーションだけでやっているので(笑)。本当に感情をそのまま出すつもりで作ったんですけど、あれでまだ終わりじゃないです。まだ続きがあるので楽しみにしていてください。

ファンと1対1の関係をフォローしていく

──テックカルチャーについての話も伺いたいのですが、ジェイ・Zやナズなどアメリカのラッパーがテック系のベンチャー企業に投資するなど、アーティストとビジネスシーンが密接だと思う一方で、日本ではあまりそういう話を聞きません。日高さんの問題意識の中で、アーティストがテックカルチャーとの取り組みをもっとやっていかないといけないと考えることはありますか?

やったら面白そうということは山内奏人くん(WED代表取締役 / 17歳だった2018年、レシート買取アプリ「ONE」をリリースして話題となる)と日常会話レベルで話をしているという段階ですね。テックカルチャー自体には興味あるし夢もあると思うのですごくリスペクトしてる一方で、スタートアップ界隈に関してはエンタテインメントとの組み合わせが悪い部分が多くて。誰が悪いとかではなくて、エンタテインメントが大事にすべきことやマナーとスタートアップにおける価値観とは、少し考え方が違うなと思うことが多いんですよね。山内くんのように芸術やポップアートに本当の意味での興味や理解がある人はなかなかいないので、大事にしたい関係ですね。自分でもやっぱり慎重になる部分は本当に多いので、日本のアーティストがそういうところと親和性を持ちづらいのはすごくわかります。

──最後に、これからのアーティストとファンについて、日高さんの思う理想の関係性についてお聞かせいただければと思います。

まず意識しなきゃいけないのはアーティストやアイドルが人間のままいられるという状況。同時にファンの方っていうのもひと括りにせずに、1人ひとり別の人間であるということを忘れてはいけないと思ってます。「ファンはこういうもの」という考え方を持たずに、1万人と接するというよりは1対1の関係を1万個作る考え方が我々には必要ですね。ステージ上でパフォーマンスすると目を見られるのでわりと簡単に意識できるんですけど、インターネット上だとそれができないので。ネット上の関わり合いは今後どんどん増えていくと思うから、その状態でちゃんと1対1を何かしらの形でフォローしていかなければいけない。なかなかハードルの高いことですが大事なことなので、それができる形のコミュニケーションを僕もずっと探している最中ですね。

SKY-HIプロフィール

ラッパー、トラックメイカー、プロデューサーなど幅広く活動を行うアーティスト。2005年にAAAのメンバーとしてデビューし、同時期からSKY-HIとして東京都内のクラブで活動をスタートさせる。さまざまなラッパーとのコラボレーション企画「FLOATIN' LAB」を2011年に始動させ、翌2012年に同企画のコンピレーションアルバム「SKY-HI presents FLOATIN' LAB」を発売。2014年3月には1stアルバム「TRICKSTER」をリリースした。2017年5月には東京・日本武道館で単独公演を開催し、2019年9月にはSALUとのコラボレーションアルバム「Say Hello to My Minions 2」を発表。2020年9月に初のベストアルバム「SKY-HI's THE BEST」をリリースした。また9月末には「才能を殺さないために。」をスローガンに自身のマネジメント / レーベル会社・BMSG(ビーエムエスジー)を設立。2020年秋より、自身が1億円以上投資したボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」を開催している。

アプリで読む