Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「本当の悪は笑顔の中にある」 ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』ポスター&本予告公開

リアルサウンド

19/8/29(木) 18:00

 10月4日に日米同時公開される『ジョーカー』の本予告編とポスタービジュアルが公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、孤独だが心優しかった男が“悪のカリスマ”に変貌していく衝撃のドラマを、アカデミー賞常連の実力派スタッフ・キャストで描くサスペンス・エンターテイメント。公開に先駆け、第76回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門への正式出品、第44回トロント国際映画祭のガラ・プレミア部門に選出され、早くもアカデミー賞有力候補との呼び声が高まっている。

 ポスタービジュアルは、戦慄に満ちたアーサー(ホアキン・フェニックス)が全面に描かれ、強烈なインパクトを残す。本作に出演しているブライアン・タイリー・ヘンリーは、「本作はジョーカーがかつて、いかに“幸せな人間”だったかが語られるところから始まります」と言及しており、人々が想像する凶悪なジョーカーのイメージを覆す過去が描かれているという。また、監督と脚本を兼任したトッド・フィリップスは、「ロバート(・デ・ニーロ)が、脚本をものすごく気に入ってくれたんだ」と、アーサーの運命を大きく左右することになるトーク番組の人気司会者を演じるロバート・デ・ニーロも、深い人間ドラマが描かれたオリジナル脚本を絶賛していると明かしている。

 孤独だが心優しいアーサーは、母からの「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を胸に、都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうとしていた。公開された予告編は、バスの車内でアーサーが、子供をあやして笑わせている微笑ましいシーンからスタートする。しかし生活も大道芸人としても上手くいかず、やり場のない気持ちに押しつぶされてしまいそうになっていたある日、大好きなトーク番組の司会者マーレイ(ロバート・デ・ニーロ)が「誰もがコメディアンになれる日が来た」という言葉と共に、クラブのステージでジョークを披露しているアーサーの姿を紹介する。夢が叶ったと満面の笑みでテレビを見つめるアーサーだったが、マーレイのちゃかした揶揄にその笑顔は曇る。映像の後半では、彼が秘かに好意を抱く女性ソフィーとの幸せそうなワンシーンも描かれるが、自ら施すピエロメイクと共に、次第にジョーカーへと変貌を遂げていく様子が収められている。

 現地時間の8月31日に世界で初めて上映される本作は、「今年もっとも驚くべき映画。アカデミー賞は確実だ」(ヴェネチア国際映画祭:アルバート・バルベーラ)、「ホアキン・フェニックスによるキャリア史上最高の演技。世界の映画賞が注目している」(トロント国際映画祭:キャメロン・ベイリー)ら映画祭ディレクターをはじめ世界の映画関係者が注目を浴びせている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む