Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「命みじかし、恋せよ乙女」ポスタービジュアル

樹木希林「幸せになんなきゃ駄目ね」、遺作となったドイツ映画の予告公開

ナタリー

19/6/11(火) 19:00

樹木希林の遺作にして海外デビュー作であるドイツ映画「Cherry Blossoms and Demons」の邦題が「命みじかし、恋せよ乙女」に決定。ポスタービジュアルと予告編が公開された。

「命みじかし、恋せよ乙女」は酒に溺れ人生を見失ったドイツ人男性カールと、かつて彼の父と親交があった日本人女性ユウの旅を描いた作品。ゴロ・オイラーがカール、ダンサーの入月絢がユウに扮し、樹木はカールが訪れる旅館・茅ヶ崎館の女将を演じた。

YouTubeにて公開されている予告編は、茅ヶ崎館へやって来たカールを女将が笑顔で迎え入れるシーンから始まる。女将が「あなた生きてるんだから、幸せになんなきゃ駄目ね」と言う場面や、スノードームを見つめる様子も切り取られた。

「アム・アイ・ビューティフル?」「フクシマ・モナムール」のドーリス・デリエが監督を務めた「命みじかし、恋せよ乙女」は、8月16日より東京・TOHO シネマズシャンテほか全国で順次ロードショー。

(c)Constantin Film Verleih GmbH/ Mathias Bothor

アプリで読む