Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

蒼井優

蒼井優がTAMA映画賞の最優秀女優賞に「叱咤激励だと思う」、前田敦子と受賞

ナタリー

19/11/17(日) 18:33

第11回TAMA映画賞の授賞式が本日11月17日に東京・中央大学多摩キャンパスのクレセントホールで行われ、最優秀女優賞に輝いた蒼井優、前田敦子が登壇した。

「斬、」「長いお別れ」「ある船頭の話」「宮本から君へ」に出演したほか、長編アニメーション「海獣の子供」で声優を務めた蒼井は「これらの1つひとつが、自分にとって勉強になった作品です。『斬、』では、塚本晋也監督のもと、もの作りの美しさを体の底から体感させていただくことができました」と振り返る。続けて「このことを踏まえて、今後も映画を作っていくことになると思うのですが、新しい一歩を踏み出す時期に今回の賞をいただけてとても光栄ですし、ある種の叱咤激励だと思って真面目に映画作りに取り組んでいきます。皆さんもどうか映画を信じてください」と観客に語りかけた。

「旅のおわり世界のはじまり」「葬式の名人」「町田くんの世界」での演技が評価された前田。2012年の第4回TAMA映画賞で最優秀新進女優賞を獲得した前田は、「それが初めての映画賞でしたので、こうして戻ってくることができて本当にうれしいです。ありがとうございます」と感謝し、「今年は今までで一番映画に参加させていただけた年。また映画の世界にがっつり携われるよう、すべてのことをしっかりがんばって、ひたむきにやっていきたいと思います」と抱負を述べた。

映画ナタリーでは、同授賞式の様子を引き続きレポートする。第29回映画祭TAMA CINEMA FORUMは、11月23日から12月1日まで多摩市内の各所で開催。

アプリで読む