Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

【CIXリレーインタビュー(3)】 小顔センター、ベ・ジニョンが語る最新シングル『Revival』の聴きどころとは?

ぴあ

20/5/20(水) 12:00

2018年のK-POP界を席巻したモンスターグループWanna One(ワナワン)で“ビジュアル担当”といわれていたべ・ジニョンをセンターに据え、2019年7月にボーイズグループ・CIX(シーアイエックス)は誕生した。その人気ぶりは、デビューからわずか7日で音楽番組の1位を獲得するほど。韓国デビューの3カ月後には日本での活動をスタートさせ、K-POP専門誌『K-POPぴあ』の表紙も飾り、11月に行われた初来日ショーケースはわずか10分で完売するなど、日本でも熱狂的に迎えられた。

CIXの注目ポイントは、前述のべ・ジニョンと、有名デビューサバイバル番組で最終候補まで勝ち残っていたラッパーのBXとメインボーカルのスンフン、モデルとして活躍していたスタイル抜群のヒョンソク、そして俳優志望の練習生から大抜擢されたヨンヒというビジュアルも実力も兼ね備えた5人のケミストリーとオンとオフのギャップだ。個性豊かな5人が他のメンバーを紹介しながらのリレーインタビュー、3人目には信じられないくらい顔が小さいセンター、べ・ジニョンが登場する。

CIXの顔ともいえるべ・ジニョンは、ビジュアルだけでなくダンスも卓越しており、新曲『Revival』を含め、さまざまな楽曲で振りつけにも参加している。クールに見えるが実は情熱的。ステージではカリスマ的存在の彼だが、自身の魅力は「ラブリー、セクシー、キューティー」だそう。さまざまな面を持ち合わせるツンデレ王子のインタビューはこちら。

── 自分でCIXにキャッチコピーをつけるとしたら?

「パフォーマンス、最高!」。

ステージでのパフォーマンスを観ていただければ、分かると思います!

── CIXのメンバーの一員として、チームワークをよくするためにやっていること、心がけていることはありますか。

経験を基に、さまざまな面でメンバーたちを助けることを心がけています。

── べ・ジニョンさんは、経験が豊富ですものね。では、CIXを“食べ物”に例えるとすると?

八宝菜ですかね。八宝菜は、いろんな種類の具材が入っているじゃないですか。僕らもそれくらいバラエティに富んでいて、本当に魅力いっぱいのグループなんです(笑)。

── 分かります(笑)。日本1stシングル『Revival』(2020年4月1日リリース)はどんな曲?

『Revival』を辞書で調べると、“復活”という意味が出てきますよね。パフォーマンスには包帯を使っているんですが、これはまさに、“Revival=復活”するためのアイテム。歌詞の内容と合わせて、パフォーマンスを見ていただけたらうれしいです。春、今この時期に聴くのにぴったりの曲です!

── 『Revival』のおススメポイントを教えてください。

曲の始まりが僕のパートなのですが、“夜明けはまだ来ない”という歌詞がとても感傷的でマッチしている部分なので、じっくり聴いてほしいです。

── その『Revival』の“復活”や“再生”という意味にかけて質問です。個人的に“復活させたい”と思うことはなんですか?

『セコムダルコム』という韓国のお菓子の旧バージョン!

今売られているものより、もっと酸っぱくて、もっと甘かった気がして懐かしいんですよね……。

── これまでの日本活動で印象に残っていることなどはありますか。

昨年日本に行ったときに、ステージに立ってFIX(CIXのファンダム名)の皆さんの顔を見た瞬間がすごく幸せで、自然と笑みがこぼれたことを思い出しました!

── 今後の日本活動に向けた抱負や、目標を教えてください。

これから僕たちCIXとFIXの皆さんとで、良い時間を過ごしながら素敵な思い出をたくさん積み重ねたいです。そして、東京ドームのステージに絶対立ちたいと思っています!

── 日本で『Revival』のパフォーマンスが見られる日を楽しみに待っていますね。日本に来たらやりたいことはありますか?

CIXとしては、とにかく1日も早く『Revival』のステージをお見せできればと思っています。プライベートでは、遊園地に行ってみたいです!

── 『Revival』は春らしい曲ですが、個人的に春に聴きたくなるおススメの曲は?

スキマスイッチさんの『奏』! 僕はこの曲を、窓を開けて風にあたりながら目を閉じて聴くのが好きなんです。皆さんも僕と同じようにして聴いてみていただけたら、僕が感じている風景が、頭の中に広がるはずです。

── べ・ジニョンさんの、おウチ時間の過ごし方を教えてください。

僕はよく寝る方なので、たっぷり寝て体を休めたり、映画を観ながらおいしいものを食べたりしています。

── 次に登場するメンバーのことを、普段は何と呼んでいますか?

「中学生ヨンヒ」。

最近顔がまた幼くなりました。

── そのメンバーを紹介してください。また、あなたから見たメンバーを描いてください。

「CIXのヨンヒです!」

── 「僕にとって、ヨンヒは●●●だ」。●●●に入る言葉は?

「友だち」

00Z~✌

僕にとってヨンヒは「友だち」だ!

僕とヨンヒは同じ2000年生まれ。グループ内で唯一の、タメ年なんです! なので、普段からファンの皆さんに、ゴンゴンズ(※00Zの韓国語読み。2000年生まれたちという意味)と呼ばれています。

CIXからセルフィ―も到着!

CIX連続インタビュー記念・CIX 大特集号『K-POPぴあ vol.8』を3名様にプレゼント!

応募の方法はこちら

プロフィール

グループ名のCIXは「Complete In X」の略で、BX、スンフン、べ・ジニョン、ヨンヒ、ヒョンソクという未知の可能性秘めた5人メンバーが一緒に集まった時に初めて完成される「未知数の完成」という意味が込められている。2019年7月23日、CIX 1st EP ALBUM『HELLO Chapter 1. Hello, Stranger』で韓国デビュー。デビュー・ショーケースのチケットは、なんと30秒で完売し、デビュー曲『Movie Star』は、デビューからわずか1週間で音楽番組の1位を獲得した。2019年10月23日には、デビュー曲『Movie Star』の日本語バージョンと初の日本オリジナル曲『My New World』が収録された『HELLO Chapter 1. Hello, Stranger (1st EP) [Japanese ver.]』で日本初進出。11月に東京・大阪で行われた初の日本単独公演『CIX JAPAN DEBUT SHOWCASE “Complete In X”』のチケットは、わずか10分で完売した。2020年4月1日には、東方神起、AI、三浦大知らの楽曲でレコード大賞優秀作品賞を受賞している日本の音楽プロデューサーUTA氏の手による初の日本オリジナル曲『Revival』を表題曲とした1stシングル『Revival』をリリース。



取材・文:坂本ゆかり
構成:「K-POPぴあ」編集部

K-POPカルチャーをキャッチ!
インタビュー&グラビアMAGAZINE「K-POPぴあ」

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む