Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ゴツプロ!第5回公演「狭間の轍」チラシ

ゴツプロ!がソーラン節唄う船頭描く「狭間の轍」東京、大阪、台湾で

19/10/23(水) 16:14

ゴツプロ!「狭間の轍」が、2020年1月から3月にかけて東京、大阪、台湾で上演される。

脚本を竹田新、演出を山野海が手がける本作では、明治36年の北海道・江差町の外れにある漁師町を舞台に、ニシン漁から生まれたソーラン節を唄う2人の波声船頭(はごえせんどう)を中心とした物語が展開。また劇中には民謡が取り入れられ、津軽三味線小山流三代目の小山豊、小山会青年部、尺八奏者の小湊昭尚が演奏を担当するほか、民謡歌唱指導を伊藤多喜雄が務める。

なお本公演では姉妹劇場である台湾・華山1914文創園區烏梅劇院と下北沢・本多劇場により、劇場経営スタッフや舞台技術スタッフの交流が行われるほか、台湾公演ではワークショップも予定されている。

公演は2020年1月24日から2月2日まで東京・本多劇場、6日から9日まで大阪・近鉄アート館、21日から3月1日まで台湾・華山1914文創園區烏梅劇院にて。チケットの先行は10月25日11:00から31日11:00まで受け付けられ、一般販売は11月11日11:00にスタートする。

ゴツプロ!第5回公演「狭間の轍」

2020年1月24日(金)~2月2日(日)
東京都 本多劇場

2020年2月6日(木)~9日(日)
大阪府 近鉄アート館

2020年2月21日(金)~3月1日(日)
台湾 華山1914文創園區烏梅劇院

脚本:竹田新
演出:山野海
出演:塚原大助、浜谷康幸、佐藤正和、泉知束 / 関口アナン、内谷正文、石川よしひろ / かなやす慶行、渡邊聡、44北川

アプリで読む