Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「本気のしるし」ビジュアル

深田晃司×森崎ウィン、メ~テレドラマ「本気のしるし」東京上映のための支援者募集

ナタリー

19/8/4(日) 13:00

深田晃司が監督を務めるメ~テレドラマ「本気のしるし」のクラウドファンディングがMotionGalleryで行われている。

星里もちるの同名マンガを実写化した本作は、中小文具店に勤める会社員・辻一路と謎の美女・葉山浮世の姿を描くラブサスペンス。PRIZMAXの森崎ウィンが辻、ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の土村芳が浮世を演じる。三谷伸太朗が脚本を手がけた。そのほか宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉がキャストに名を連ねている。

メ~テレ制作のため、地上波では愛知、岐阜、三重の東海3県でしか放送されない本作。今回のクラウドファンディングは、東京での上映イベントを実現するためのものだ。深田の解説とともに未公開カットやオフショット映像を加えた上映を予定している。支援者へのリターンには、イベント参加権、原作マンガ全巻、キャストのサイン入り脚本などが用意された。

本作でドラマ初監督を果たした深田は「撮影が既にスタートしていて、自分にとっては初のテレビドラマではありますが、今まで以上に映画的な演出を駆使しています。今回は放送前に大きなスクリーンで、そして5.1chで観て頂ける機会を作りました。どうぞクラウドファンディングにご協力いただければ幸いです」と支援を呼びかけている。

「本気のしるし」は10月に放送スタート。毎週月曜深夜にオンエアされる。森崎によるコメントも下記に掲載した。現在、クラウドファンディングの告知動画がYouTubeにて公開されている。

本気のしるし

メ~テレ 2019年10月スタート 毎週月曜24:59~25:29

深田晃司 コメント

漫画「本気のしるし」の第1話を読んだとき、その異様な迫力に驚かされました。観客の想像力を牽引する語りの巧みさはいつも通りなのですが、星里作品を特徴づけていた軽妙なユーモアはほぼ封印され、決して道徳的には褒められたもんじゃない人間たちの抜き差しならない恋愛ゲームが展開されていました。
直感的に、なぜだか分からないけど、この物語の転がり方は映画よりもドラマ向きだと思い、ことあるごとに言いふらしていたら、あれよあれよと今回のドラマ化の話が進んでいった次第です。
撮影が既にスタートしていて、自分にとっては初のテレビドラマではありますが、今まで以上に映画的な演出を駆使しています。今回は放送前に大きなスクリーンで、そして5.1chで観て頂ける機会を作りました。どうぞクラウドファンディングにご協力いただければ幸いです。

森崎ウィン コメント

深田監督初のテレビドラマ「本気のしるし」で、主人公の辻一路を演じています森崎ウィンです。監督の映画的な演出に毎日驚きながら演じています。スタッフの皆さんも映画畑の方が多くて、細かいところに拘りながら作品を作り上げています。今回、放送前にスクリーンで上映されると聞きました。未使用映像の上映に加えて、サウンドは上映会のみ特別に5.1チャンネルサラウンドだそうです!しかも監督の解説の付きのイベント、ということなので、皆さん、お見逃しなく!! クラウドファンディングよろしくお願いします。

アプリで読む