Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「少年・イン・ザ・フッド」第1話より。

Ghetto Hollywoodがマンガ家デビュー、「週刊SPA!」でリアルなヒップホップ描く

ナタリー

19/8/5(月) 12:00

ラッパーの楽曲を中心にこれまでさまざまなミュージックビデオを手がけ、NORIKIYOが率いるラップグループSD JUNKSTAにグラフィティライターとしても所属するGhetto HollywoodことSITEがマンガ家として活動開始。デビュー作「少年・イン・ザ・フッド」の連載が明日8月6日発売の「週刊SPA!」にてスタートする。

自身が監督を務めたPUNPEE「タイムマシーンにのって」のMVが、スペースシャワーTVが主催するアワード「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019」で「BEST CONCEPTUAL VIDEO」に選ばれるなど、“ヒップホップ何でも屋”として目覚ましい活躍を見せるSITE。彼のマンガ家デビュー作「少年・イン・ザ・フッド」は、郊外の都市に暮らす高校1年生のヒロトが廃屋で暮らすクラブDJのドゥビと出会うことから始まる物語で、グラフィティの描き方からフリースタイルラップの秘訣までリアルなヒップホップが描かれる。

SITEは本作について「何者でもなかった少年が、HIPHOPに熱中する中で自分自身を発見する。これは僕自身が通ってきた道であり、これからHIPHOPに出会う少年たちにとっても、避けては通れない通過儀礼だと思います。HIPHOPが世界を動かすこの時代に、世界のラップゲームで炸裂する作品を創りたい。そんな思いでこの物語を描きました」とコメントしている。

アプリで読む