Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『蜜蜂と遠雷』松岡茉優と松坂桃李

『蜜蜂と遠雷』松岡茉優・松坂桃李インタビュー 「アトラクションのようなアグレッシブな映画」

ぴあ

19/10/3(木) 18:00

10月4日(金)に全国公開される『蜜蜂と遠雷』は、まったく異なる境遇にある4人の天才ピアニストたちが、国際ピアノコンクールでの熾烈な戦いを通して、お互いに刺激し合い葛藤し、そして成長を遂げ‘覚醒”する物語だ。「天才少女」と言われながらも母の死をきっかけにピアノを弾けなくなった栄伝亜夜役に松岡茉優。音大出身だか妻子持ちで楽器店勤務をしながらも夢を諦めきれない高島明石役を松坂桃李が演じる。今回初共演というふたりは、お互いのことをどう思ったのだろうか? 

「松岡さんは『空間把握認識能力』がめちゃくちゃ高いです。監督の言葉を飲み込んで理解した上で、そこのシーンで使われている場所を最大限利用するというか。例えば、亜夜がピアノを弾きたいと言ってピアノを探し回って、いくつか部屋を覗くシーンがあるんですが、撮影の時、実は部屋には何も無かったりするんですけど、松岡さんはあたかもちゃんと人が居るかのような演技をすぐにできるんです。頭の回転の速さが、見ていて純粋にすごいなって思いましたね」(松坂)

「私もまさに同じシーンで、亜夜がピアノを探している時に明石がピアノのあるところ知っていますよって言うんですが、それに『ギャップ』を感じました。私は松坂さんにもギャップを感じていて、優しい行動なのに、その中に相反する感情があって。ライバル心ではなくて、ちょっとした野次馬心。昔から聞いていた元天才少女が困っているっていう野次馬心もあったと思うし、ピアニスト同士のエゴイズムがあるから、真っ直ぐじゃない感情。音で言うと倍音が存在しているような、ふたつ音が聞こえるようなすごいお芝居をなさるなって思っています」(松岡)

今回の映画では、役者、ピアニスト、演奏指導者など、多くの人と関わりながらひとつのキャラクターを作り上げてきた。これまでにない経験をどう感じたのだろうか?

「演奏の指導をしてくださる先生と最初にお会いした時に、明石のプロフィールをその方が作ってきてくださったんです。僕は役作りでそんなことをやったことがなかったので、すごく刺激的でした。面白かったのが、プロフィールとか凄く細かく書いてあるんですよね。明石のカバンの中身とか(笑)。 僕は明石をこう思いますって。驚きましたね。弾き方も体の構造から入るんですよ。筋肉がどうで、骨がどうでって説明されるから、あれ? これ、ピアノの練習の授業じゃなかったっけ?って。これがふたりで作っていく感じなのかなって思いましたね」(松坂)

「実は松坂さんの先生が教え方が上手いっていうことが我々に伝搬していったので、最後の1~3週間は他の3人全員もその先生から教わっていました(笑)。ピアノに入る姿勢の本をコピーしてくださったりして。役作りは、十人くらいのサンプルからぎゅっとしてひとりを作るんですが、今回のようにふたりでの作業の時は、それぞれ感じ方も違ったりするので、それは違うとか、本音を言える関係性を築かせてくださって良かったです」(松岡)

今作の見どころは「それぞれの演奏シーン」と松坂は言う。同じ曲を演奏するシーンでも、各々の葛藤だったり不安だったりが表れているので全く違う曲に聴こえる。そこをぜひ楽しんで欲しいと語った。

「クラシックに縁遠い方でも、曲に乗れる作品だと思うんで、敷居が高いと思わずに、劇場まで足を運んでもらえると嬉しいです。きっとその意外さにビックリすると思いますんで、ぜひ楽しんでください」(松坂)

「クラシック映画という枠組みではあるんですけど、演奏シーンとかは、アトラクションのような、かなりアグレッシブなアプローチをしている映画だと思っています。私も完成した映像を見て、新しい音楽映画が出来上がったなって思いましたので、デート中や、お仕事帰り、学校帰りにフラッと寄って、元気をもらっていただければ嬉しいなって思います。劇場でお待ちしています」(松岡)

撮影/高橋那月、取材・文/若村幸江

『蜜蜂と遠雷』
10月4日(金)より全国ロードショー

アプリで読む