Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

V6、25周年デビュー日に配信ライブ「V6 For the 25th anniversary」開催 井ノ原快彦「今回を102回目ではなく、新しい1回目にしたい」

ぴあ

20/11/2(月) 17:07

V6 25周年記念配信ライブ「V6 For the 25th anniversary」

V6が11月1日(日)に東京・代々木第一体育館にて配信ライブ「V6 For the 25th anniversary」を開催した。

25年前の1995年11月1日に、代々木第一体育館でデビューを飾ったV6。今年はコロナの影響で有観客でのライブ開催は叶わなかったが、25周年記念もファンと一緒に祝いたいという想いから、10周年、20周年と区切りのタイミングでライブを開催してきた、この日、この場所で配信ライブが開催されることとなった。

この日はV6の“6”、25周年の“25"にちなんで、午後6時25分からスタート。細かなこだわりが随所に光る今回のライブ配信は、メンバー同士で意見を出し合いながらライブ演出やセットリストを作り上げたという。オープニングでは、デビュー当時のライブ開始直前の会場外から撮影した映像が流れる。原宿駅方面から歩道橋、そして会場の中へとカメラが進むと、セットが何も組まれていないアリーナで6人が『Right Now』を歌唱。さらに、ステージが作られていく様子が早送りで映し出され、生で歌うV6のライブ映像へと変わった。

アリーナ床面にはLEDを敷き詰め、楽曲の持つ世界観を表現。空間を最大限に利用しながら、花火などの特殊効果や文字が浮かび上がるAR演出も。MCでは、メンバーがそれぞれ25年前のデビュー直前の風景を思い返す中で、井ノ原快彦は坂本昌行の「楽しもうね」という言葉がずっと心に残っていたと話した。すると、岡田准一も続けて「お客さんがいなくても頑張っていこうね」と緊張で震えながら言っていたと明かす。また、森田剛は「あのことがあったからやってこられた、またあの景色が見たいと思って頑張れた」と感慨深そうに語った。

今回はアニバーサリーライブではあるが、V6は「いまのV6を見せたい」という想いから、9月23日にリリースした最新シングル『It’s my life/PINEAPPLE』をはじめ、近年発売した楽曲を中心にパフォーマンス。『KEEP GOING』『Super Powers』と疾走感の溢れる楽曲から、全編英語歌詞の『All For You』、水面上で6人がコンテンポラリーダンスを披露する『TL(Instrumental)』など、変わらぬ身体能力と鍛え抜かれた伸びやかな歌声を響かせた。

さらに『星が降る夜でも』『ある日願いが叶ったんだ』『WALK』といった流れ星をモチーフにした楽曲が流れると、無観客会場に設置されたライトが星空のように輝き出す。この演出はまるでファンと離れていても同じ風景を見て繋がっていることや、いつかまた会える日を願うV6の気持ちが現れているかのような演出だった。これまで代々木第一体育館では101公演を経験している彼らだが、井ノ原がライブで「今回を102回目ではなく、新しい1回目にしたい」と語ったように、V6は新たな挑戦を見せるとともに、希望を感じさせてくれるような記念すべきライブとなった。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む