Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ありがとう大罪!「七つの大罪」完結に梶裕貴、雨宮天、久野美咲、福山潤ら集結

ナタリー

「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」完成披露プレミア上映会の様子。

「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」の完成披露プレミア上映会が6月21日に東京・丸の内TOEIで行われ、声優キャストの梶裕貴、雨宮天、久野美咲、福山潤、高木裕平、神尾晋一郎、井上裕介(NON STYLE)が登壇した。

鈴木央のマンガをもとにした「七つの大罪」は、七人の罪人たちにより結成された騎士団“七つの大罪”の活躍を描く作品。映画ではテレビアニメから続く“最終章のその先”の物語が、鈴木による完全新作オリジナルストーリーとして紡がれる。梶が主人公メリオダスとその弟ゼルドリス、雨宮がヒロインのエリザベス、久野が言葉を話す豚ホーク、福山が怠惰の罪を背負うキング、高木が色欲の罪を背負うゴウセルに声を当て、ゲスト声優の神尾が巨人族の名工ダブズ、井上がゼルドリスに仕える魔神Bを演じた。

テレビシリーズが明日6月23日に最終回を迎える本作。今の気持ちを問われた梶は「常々、物語の最後までキャラクターを演じさせていただきたいと話してました。その夢が叶って、物語の先にある、ある種、幸せな結末を皆さんとともに迎えることができてうれしく思ってます」と感慨深げに語る。雨宮は「原作の最後まで演じることができるなんて(アニメが始まった)7年前は想像してなかったです。劇場版には一ファンとして観たかった物語が詰まってます。皆さんに観ていただくのが楽しみです」と期待を込めた。

イベントではキャスト陣がアフレコで発した第一声を音源で振り返る場面も。メリオダスの「ほいよ! 大ジョッキ5つ、お待ちど!」というセリフを聞いた梶は「いやー、継続して演じているので懐かしいと言うより、より一緒に歩んできたんだなという感覚です。3000年の戦いの終止符を打つための旅路がよみがえるようで感慨深いですね」と述懐。ホークは「たく! タリーな、俺になんの用だよ」というセリフ。久野が当時を「本当に緊張して息が吸えなかった」と振り返ると、梶も「誇張とかではなく本当に息を吸おうかという下りがあった気がします」と笑う。

原作でホークの足音として表現されたオノマトペ「とんとこ」に関するエピソードも飛び出した。セリフではないため台本に書かれていなかったが、ホークにとって欠かせないものと判断した久野がアドリブでセリフにしたそう。久野は「原作では手書きで書いてあって、ホークとは切り離せないワード。1話のアフレコのときに、走るシーンで入れてしまいました」と笑いつつ、人語を話す動物を演じる難しさと、ホークの男前な部分の表現に苦心したことを回想。「7年で自然と豚になり、自然と男になり。楽しみながら演じることができました」と話した。

最後にはキャストがセンターマイクの前で、完結への思いを1人ひとり述べる。雨宮は「自分がエリザベスを演じていていいのかなと思ったときも少なくありませんでした。でもエリザベスと出会っていなかったら表現の引き出しが全然違うものになっていただろうし、たくさんのことを教えてもらいました。自分なりに得たものを、今回の劇場版のセリフにすべて込めました。ぜひエリザベスの愛情と覚悟を見届けてください」とコメント。梶は第1話のアフレコで監督とスタッフから「この作品はメリオダスとエリザベスの愛の物語です」と言われたことを明かし「物語が進めば進むほど、その言葉の重みがじんわりと染み込んできました。本編が幕を閉じ、その後の物語として劇場版がある。3000年をかけて手に入れた2人の愛の時間が詰まっています」と語る。そして「さてさてさーて、ありがとう、大罪!」とメリオダスの声で叫ぶと、壇上に「ありがとう、大罪。」と書かれた横断幕がかけられ、イベントは幕を閉じた。

浜名孝行が監督した「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」は7月2日より全国ロードショー。

※高木裕平の高は、はしごだかが正式表記

(c) 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」製作委員会

アプリで読む