Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

舞台「赤と黒 サムライ・魂」出演者。左から堤下敦、小川菜摘、京本政樹、里見浩太朗、越岡裕貴、福士申樹。(撮影:曳野若菜)

里見浩太朗×京本政樹「サムライ・魂」スタート、越岡裕貴「運を使い果たした」

ナタリー

19/5/25(土) 19:52

舞台「赤と黒 サムライ・魂」が、本日5月25日に東京・東京国際フォーラム ホールCで開幕した。

里見浩太朗と京本政樹が舞台で初共演を果たす本作は、時代劇スターが次世代の俳優たちに“サムライ・イズム”を継承する“サムライ・エンターテイメント”。里見と京本のほか、ふぉ~ゆ~の越岡裕貴やMADE / ジャニーズJr.の福士申樹、合田雅吏、インパルスの堤下敦、市川知宏、小川菜摘、不破万作ら、さまざまな世代のキャストが出演する。

昨日5月24日には、初日に先駆け出演者たちが取材に応じた。里見は「久しぶりの本格的な時代劇を、みなさんに観ていただきたいという気持ちです!」と観客にメッセージを送り、京本は「“時代劇”を知らない若手が一生懸命やっている。カッコいい」と作品をアピールする。

「本格的な時代劇出演は初めて」と語る越岡は、「里見浩太朗さん、京本政樹さんのもとでやれる! 貴重な経験、人生最大の運を使い果たしました(笑)」とコメントし、「所作だったり、刀さばきだったり、めっちゃ勉強になりました!」と手応えを語った。

上演時間は休憩20分を含む約2時間20分で、東京公演は5月31日まで。その後本作は、6月5日から9日まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール、6月21日に愛知・東海市芸術劇場でも上演される。

舞台「赤と黒 サムライ・魂」

2019年5月25日(土)~31日(金)
東京都 東京国際フォーラム ホールC

2019年6月5日(水)~9日(日)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

2019年6月21日(金)
愛知県 東海市芸術劇場

監修・原案:佐藤幹夫
脚本・演出:モトイキシゲキ
出演:里見浩太朗 / 越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE / ジャニーズJr.)/ 合田雅吏、堤下敦(インパルス)、市川知宏 / 山崎裕太、姜暢雄、大門伍朗 / 藤井びん、ジジ・ぶぅ、まいど豊、熊谷魁人、佐藤銀平、伊与勢我無、重見成人、小川敏明、森公平、石黒洋平、櫻井紗季(東京パフォーマンスドール)、脇春、上原恵美 / 則松亜海、黒田こらん / 小川菜摘、不破万作 / 京本政樹 ほか

アプリで読む