Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から、市山尚三氏、中川龍太郎監督、広瀬奈々子監督

第20回東京フィルメックス、コンペティション部門に日本映画2作品が選出される

19/10/10(木) 18:19

作家主義を掲げ、アジアを中心に新たな才能を発掘・特集する『第20回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2019』のラインナップ発表会が10月10日、ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センターで行われ、映画祭のプログラムディレクターを務める市山尚三氏が上映作品を紹介した。

コンペティション部門の審査員は『ブラックボード 背負う人』、今年の特別招待作品である『ある女優の不在』で知られるイランを代表する女優のベーナズ・ジャファリ、香港の映画監督・脚本家・プロデューサーのシュウ・ケイ、写真家の操上和美氏。残り2名もスケジュールが確定次第、発表され、国際色あふれる計5名の審査員が審査にあたる。

会見にはコンペティション部門(10作品)に選出された『静かな雨』、『つつんで、ひらいて』を手がけた中川龍太郎監督、広瀬奈々子監督が出席した。『静かな雨』は宮下奈都のデビュー小説を、仲野太賀と衛藤美彩のダブル主演で映画化した作品で、中川監督は「一種のメロドラマですが、そこに留まらず、若い人たちが息詰まる現代を、いかに誠実に生きるか。そんなテーマを太賀さんと衛藤さんに託した。独特な世界観を見ていただければ」とアピールした。

広瀬監督は昨年の『夜明け』に続き、2年連続のコンペティション部門入りを果たし「とても光栄です」。最新作『つつんで、ひらいて』はこれまでに約1万5000冊の装丁を手がけた菊地信義氏を追うドキュメンタリーで「デザインの現場が、ほぼパソコン主流になる時代、ずっと手で紙を切って貼って、ピンセットで動かすという菊地さんの稀有な姿を見ていただける」と話していた。

東京フィルメックス・コンペティション(全10作品)
『水の影』(インド/監督:サナル・クマール・シャシダラン)
『昨夜、あなたが微笑んでいた』(カンボジア、フランス/監督:ニアン・カヴィッチ)
『熱帯雨』(シンガポール/監督:アンソニー・チェン)
『評決』(フィリピン/監督:レイムンド・リバイ・グティエレス)
『ニーナ・ウー』(台湾、マレーシア、ミャンマー/監督:ミディー・ジー)
『気球』(中国/監督:ペマツェテン)
『春江水暖』(中国/監督:グー・シャオガン)
『波高(はこう)』(韓国/監督:パク・ジョンボム)
『静かな雨』(日本/監督:中川龍太郎)
『つつんで、ひらいて』(日本/監督:広瀬奈々子)

第19回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2019
期間 : 11月23日(土)~12月1日(日)(全9日間)
会場 :有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)(メイン会場:11月23日~12月1日)
TOHOシネマズ日比谷(レイトショー会場:11月23日~12月1日)
有楽町朝日スクエアB(併催事業 人材育成ワークショップ Talents Tokyo 2019:11月25日~11月30日)

アプリで読む