Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『風博士』

坂口安吾の世界を描く北村想の新作『風博士』が開幕

ぴあ

19/11/30(土) 0:00

核戦争直後の世界を描いた名作『寿歌』で知られる劇作家・北村想とシス・カンパニーが、日本文学をリスペクトしたオリジナル戯曲を上演するシリーズ〈日本文学シアター〉。その第6弾となる『風博士』が、本日11月30日に東京・世田谷パブリックシアターで開幕する。

2013年の第1弾・太宰治から、夏目漱石、長谷川伸、能『黒塚』、江戸川乱歩を取り上げてきた同シリーズ。この企画の面白さは、リスペクト対象をそのまま舞台化するのではなく、北村想の自由な、時には荒唐無稽な発想から新たな劇世界を創作するところにある。観客は、その作家や作品に知識がなくても、軽妙なユーモアに引き込まれ、美しい響きのセリフに心打たれる。そして、根底に人間の愚かさや哀しみが刻まれていることに胸を衝かれ、想像もしていなかった世界に導かれることから“大人のおとぎ話”とも称されている。

今回のリスペクト対象は、無頼と呼ばれた作家・坂口安吾。彼が文壇に認められるきっかけになった短編小説『風博士』は、一陣の風となって姿を消した不思議な博士の謎が描かれるが、この作品に坂口の代表作『白痴』などのモチーフを織り込み、北村が風まかせにイメージを広げて書き下ろしたのが今回上演される『風博士』だ。

舞台は、敗色濃厚となった戦時下の大陸。風を読むことができるという“フーさん”と呼ばれる男がいる。彼の周りには、風の如くそよそよと生きてきた人々が集まる。物語は、フーさんを中心に、ある時はミステリアスに、ユーモラスに、ノスタルジックに、彼らそれぞれの人生や秘密が交錯していく。

主人公・フーさんこと風博士を演じるのは、シリーズ初登場となる中井貴一。今年は映画『記憶にございません!』でも話題になった名優が、今作でどんな世界観を創り上げるのか。同じくシリーズに初参加するのが、吉田羊と林遣都。映像での活躍はもちろん、舞台でも存在感を見せるふたりがさらなる魅力を発揮する。そして、その演技力が未知数の可能性を感じさせる趣里も出演。さらに段田安則、渡辺えり、松澤一之の豪華顔合わせに、内藤裕志、大久保祥太郎も加わる。

演出は、シリーズ全作品を担ってきた寺十吾。そして音楽は坂本弘道。このふたりにより“まるでしゃべるがごとく歌い、歌うがごとくしゃべる”ように、歌が自然に盛り込まれた劇空間に仕上げられるという。坂口安吾テイストを匂わせながらも、まったく新しい『風博士』がどんな世界に連れ出してくれるのか、期待したい。

12月28日(土)まで世田谷パブリックシアター、1月8日(水)から13日(月)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

文:伊藤由紀子

アプリで読む