Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

欅坂46は大人へと成長を遂げた デビュー4年目に突入した今変化する「サイマジョ」の意味

リアルサウンド

19/6/26(水) 7:00

 欅坂46が、6月26日夕方5時55分から生放送される『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)に出演することが、放送前日に電撃発表された。歌唱曲には、彼女たちの運命を決定付けたデビューシングル曲「サイレントマジョリティー」が予定されている。

(関連:欅坂46「サイレントマジョリティー」はなぜアイドルたちを魅了する? 楽曲のパワーとメッセージ

 乃木坂46と日向坂46の出演は事前にアナウンスされていたが、同じ坂道系かつテレ東で冠番組(『欅って、書けない?』)を持つ欅坂だけは、昨年も出演していなかっだけにファンは半ばあきらめかけていた。だが、平手友梨奈18歳の誕生日である6月25日に出演が発表。デビュー4年目に突入した彼女たちが、デビューシングル表題曲「サイレントマジョリティー」を披露することは、二期生が加わった新生欅坂の新しいスタートを感じさせる。まさに原点回帰とも言える選曲だ。その中で注目したい点が二つある。

 2016年4月6日に発売された『サイレントマジョリティー』は、単純に楽曲がかっこいいだけではない。デビュー当時ほとんどのメンバーが20歳に届かない少女たちだった。そんな彼女たちが〈大人たちに支配されるな〉など、システマチックな大人や社会への反逆的な歌詞を歌いつつ、大人たちにコントロールされた笑わないパフォーマンスを繰り広げるというシニカルさが衝撃的だったのだ。当時グループ最年少の14歳である平手友梨奈が颯爽とメンバーを引き連れる、圧倒的な主人公感も相まって、そのクールさは新しい時代を感じさせた。無名だったアイドルグループが一気にスターダムへと駆け上がる一方で、「反逆のアイドル」と呼ばれることも。「サイレントマジョリティー」で良くも悪くもイメージが定着したため、今となっては諸刃の剣だったとも言える。

 プロデューサーの秋元康は当時の『QuickJapan』(vol.129特集欅坂)で、「とにかく彼女たちが発しようとしているメッセージ性を押し出せるものを作ったら、笑わないという選択になった。その結果、『反逆のアイドル』としてみなさんに写るようになった」と、初めから狙っていたわけではないことを語っていた。“笑わない”パフォーマンスは、彼女たちの今を映し出す鏡だったからこそ、多くの人の心に響いたのだろう。

 欅坂の面白いところの一つは、表題曲の歌詞にある。8thシングル『黒い羊』まで、歌詞から主人公の成長記が楽しめるのだ。その主人公には、平手を重ね合わせたり、欅坂全体の今を反映させたりするリスナーも少なくないはず。社会の中でどう折り合いをつけていくか、自分がどう生きるべきかを問いただすような、決して綺麗事ではない内容の歌詞となっている。それはつまり、かつて抵抗していた大人へとなっていく姿が映し出されているとも言えるのだ。実際に欅坂は、平手の一時休業や卒業ラッシュなど、紆余曲折あった現実を受け入れながら、新メンバーとして二期生を迎えた。そして今、以前とは違う姿で『欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE』(以下、アニラ)を成功させた。気がつくと一期生は最年少の平手が18歳という選挙権のある年齢にまで達し、ほとんどのメンバーが20歳を超える大人へと成長している。

 そんな彼女たちが今回改めて「サイレントマジョリティー」を歌う意味。それは今の欅坂だからこそ、楽曲の世界観がもう一段階深まったということ。一見、若者の心の叫びのような楽曲だが、よく聴くと秋元康をはじめ大人たちから少年少女たちへのアドバイスという意味合いも強い。たとえば、〈君は君らしく 生きていく自由があるんだ〉などという歌詞だ。その言葉が、実際に社会の荒波を経験し、大人になった彼女たちが歌うからこそ、リアルなメッセージへと生まれ変わったと思う。ファンにとっても欅坂の軌跡がフラッシュバックするような感慨深い曲へと成長しているはずだ。

 先日、集大成とも言える日本武道館での3rdアニラを終えたばかりの欅坂。このタイミングで、一回り大きくなった二期生を加えて、デビュー曲「サイレントマジョリティー」を披露するのは、新生欅坂のスタートを意味する原点回帰とも考えられる。今夏の欅坂は『欅共和国2019』をはじめ、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』『夏の全国アリーナツアー2019』などイベントが目白押し。そのスタートとなる『テレ東音楽祭』はこれからの欅坂の指標を示す必見のパフォーマンスとなることだろう。(文=本 手)

アプリで読む