Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

LITE(Photo by SARU[Ayumi Saruya])

LITE、maco marets、んoonが観客に360°囲まれたフロアで熱演

ナタリー

19/11/26(火) 12:32

LITEが11月20日に東京・渋谷CLUB QUATTROで自主企画イベント「LITE presents "Zone 0"」を開催した。

初開催となったこのイベントにはLITE、ゲストとしてmaco marets、んoonの計3組が出演。「Zone 0」の“0”は円に見立てられており、観客に囲まれるスタイルでのフロアライブが行われた。maco maretsは「4AM」のトラックに乗せて登場し、「皆さんこんばんは、maco maretsです。今日はよろしくお願いします」と挨拶。全アーティストの機材がセッティングされたフロアの中央で「Wash」を披露したほか、「Amazing Season」「Click It, Freeze It」などでドリンクを片手にライブを楽しむオーディエンスの体を揺らした。全方位から注がれる観客の視線に「ヤバい、圧が(笑)」と話すも楽しげにライブを進め、12月4日リリースのニューアルバム「Circles」の収録曲「Kamakura」などを歌唱した。

んoonは「Freeway」でライブをスタートさせ、ハープの音色が場内を包み込む。JC(Vo)とYuko Uesu(Harp)の掛け合いに力強いバスドラムの音が印象的な「Lumen」のあと、変拍子のエクスペリメンタルな演奏の「Amber」をパフォーマンス。MCではフロアライブについてNaoto Sekijima(B)が「シャンシャンってこんな気持ちなんだろうな」と上野動物園のパンダを引き合いに出して観客の笑いをさそった。んoonは新曲「Godot」などを届け、ラストに「Summer Child」でフロアを踊らせた。

LITEはLINE公式アカウントのアンケート機能を利用したリクエストや、公式アプリ「The Room」で実施した楽曲投票の結果を反映したセットリストを用意。最新アルバム「Multiple」のリード曲「Double」や、普段のライブでの演奏機会が少ない「Balloon」などを披露し、オーディエンスを喜ばせる。武田信幸(G)は「すごい近い。気持ちも近いよね」とフロアライブに好感触を示した。続けてLITEはLINEの人気投票でトップ3に選ばれた「Hunger」「Echolocation」「D」を連投。テクニカルかつスリリングな演奏を観客の間近で繰り出した。また「Ring」ではmaco maretsを迎えたコラボパフォーマンスを展開した。

「17年目に向けて、がんばっていきます」という武田の言葉に続いて、LITEは代表曲「Bond」をプレイ。手拍子が巻き起こるなど熱気が高まる中、通常より速いテンポで「Zone 3」が演奏され、会場の盛り上がりはピークに達した。LITEは美しい旋律の「7day Cicada」を奏で、一旦クールダウンさせてから「Fade」を披露。重厚なサウンドで観客を魅了した。アンコールでは「360°ライブ、やってるほうもめっちゃ楽しい」と武田が笑顔を見せ、ラストに「Ef」で再び場内を沸かせてフロアをあとにした。

「LITE presents "Zone 0"」2019年11月20日 東京都 渋谷CLUB QUATTRO セットリスト

maco marets

01. 4AM
02. Wash
03. Amazing Season
04. Click It, Freeze It
05. D.O.L.O.R.
06. Kamakura
07. Summerluck
08. Sparkle

んoon

01. Freeway
02. Lumen
03. Amber
04. Godot
05. Suisei
06. Gum
07. TOKYO FAMILY RESTAURANT
08. Summer Child

LITE

01. Double
02. Balloon
03. Temple
04. Hunger
05. Echolocation
06. D
07. Ring
08. Bond
09. Zone3
10. 7day Cicada
11. Fade
<アンコール>
12. Ef

アプリで読む