Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

細野晴臣

細野晴臣プレイリスト企画「僕の細野さん、私の晴臣さん」 第16回 中村一義 / VIDEOTAPEMUSIC 編

ナタリー

19/7/12(金) 19:00

今年、音楽活動50周年を迎えた細野晴臣。長年にわたるキャリアで細野が発表してきた楽曲の数々がApple Musicで配信されている。

ソロ名義の作品はもちろん、はっぴいえんど、キャラメル・ママ、ティン・パン・アレー、HAS、HASYMO、Yellow Magic Orchestraなど、プロデューサーとして手がけてきたプロジェクトが多岐にわたる細野。Apple Musicでは2018年7月より細野楽曲の配信に併せて、世代もジャンルも異なる著名人が細野の楽曲で構成するプレイリスト企画「僕の細野さん、私の晴臣さん」を公開している。音楽ナタリーはこの企画と連動し、著名人たちのプレイリストとコメントを連載形式で展開中だ。

16回目の今回は氏を敬愛する中村一義とVIDEOTAPEMUSICにプレイリストを作成してもらった。

中村一義

プレイリスト名

僕が選ぶ細野師匠の神歌

プレイリスト

01. 風をあつめて
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

02. あしたてんきになあれ
[作詞:松本隆 / 作曲:細野晴臣]

03. 風来坊
[作詞・作曲:細野晴臣]

04. 冬越え
[作詞・作曲:細野晴臣]

05. 恋は桃色
[作詞・作曲:細野晴臣]

06. 薔薇と野獣
[作詞・作曲:細野晴臣]

07. 絹街道
[作詞・作曲:細野晴臣]

08. 泰安洋行
[作曲:細野晴臣]

09. 四面道歌
[作詞・作曲:細野晴臣]

10. はらいそ
[作詞・作曲:細野晴臣]

解説コメント

細野師匠の楽曲の数々は、ソロ・バンド・アイドル・ゲーム等々、すべてのカルチャーにおいて、僕の作品の血となり骨となり続けています。
今回のプレイリストは、本当に光栄なことに細野師匠と共演させていただいた「風をあつめて」や、僕が今もライブでカバーし続けている「恋は桃色」など、あえてアーリー細野師匠の神歌を中心に選曲させていただきました。
一生、細野師匠の新譜を楽しみにしすぎている中村でした! 

プロフィール

1975年、東京都江戸川区出身のシンガーソングライター。1997年1月にシングル「犬と猫 / ここにいる」でデビューし「金字塔」「太陽」「ERA」というオリジナルアルバム3枚をリリースする。2001年「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001」に出演した際のバンドメンバーが集結し、2002年にアルバム「100s」を発表。2004年には同メンバーでバンド・100s(Hyaku-Shiki)としての活動を開始し、3枚のフルアルバムをリリースした。2012年2月に約10年ぶりとなるソロ名義での新作CD「運命 / ウソを暴け!」を、7月にアルバム「対音楽」を発表。同年12月にはデビュー15周年記念ライブ「博愛博 2012」を東京・日本武道館で実施した。2014年には盟友・町田昌弘(100s)とのトーク&弾き語りライブツアー「まちなかオンリー!2014」、自身初となる地元・江戸川区での特別公演「エドガワQ」、約12年振りとなるソロ名義のバンドツアー「RockでなしRockn'Roll」を開催する。2016年3月にはビクターエンタテインメント移籍後初のアルバム「海賊盤」、ライブDVD「金字塔完成記念日~エドガワQ 2015~」を発売。2017年5月にはデビュー20周年を記念しセルフカバーベストアルバム「最高築」とライブDVD「ERA最高築~エドガワQ 2017~」を同時リリースしている。
中村一義 コンセプトサイト KIKA:GAKU

VIDEOTAPEMUSIC

プレイリスト名

ラジオ熱帯夜

プレイリスト

01. Voo Doo Surfer
[作曲:スウィング・スロウ]

02. 洲崎パラダイス
[作詞・作曲:細野晴臣]

03. Chow Chow Dog
[作詞・作曲:細野晴臣]

04. フジヤマ・ママ
[作詞:井田誠一 / 作曲:アール・バロウズ]

05. 蝶々-San
[作詞・作曲:細野晴臣]

06. 寝ても覚めてもブギウギ(Vu Ja De ver.)
[作詞:宮田純花 / 作曲:細野晴臣]

07. FLYING SAUCER BREAKDOWN
[作詞・作曲:細野晴臣]

08. “Sayonara",The Japanese Farewell Song
[作詞:フレディ・モーガン / 作曲:Hasegawa Yoshida]

09. 熱帯夜
[作詞・作曲:細野晴臣]

10. KORENDOR
[作曲:細野晴臣]

解説コメント

もし熱帯夜にノイズまみれのラジオから流れて来たら最高だなと思う曲をセレクトしてみました。夏の湿度を肌で感じながらエアコンをつけずに聴きたいですね。
細野晴臣さんの音楽は上品で、妖しくて、謎に満ちていて、かっこいいです。自分にとって未知の音楽といかに向き合うかということを考える際の一つの指針です。

プロフィール

地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している映像作家兼アーティスト。VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、ミュージックビデオの制作、VJ、DJ、イベントのオーガナイズなど活動は多岐にわたる。これまでにcero、坂本慎太郎、小島麻由美、NRQ、クレイジーケンバンド、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENARATION)らのMVやVJを手がけた。2015年9月にカクバリズムからアルバム「世界各国の夜」をリリース。2016年7月にceroとのコラボレーション編成のVIDEOTAPEMUSIC×ceroとして「FUJI ROCK FESTIVAL '16」に出演した。2017年10月に3rdアルバム「ON THE AIR」をリリース。2019年7月に横山剣(クレイジーケンバンド)、高城晶平(cero)、折坂悠太らが参加した歌モノのアルバム「The Secret Life Of VIDEOTAPEMUSIC」を発表する。
VIDEOTAPEMUSIC

※高城晶平の「高」ははしご高が正式表記。

アプリで読む