Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左より奥野壮、一ノ瀬颯。

「ジオウ」「リュウソウジャー」一ノ瀬颯を応援するVTRに奥野壮が「なんでー!」

ナタリー

19/8/6(火) 20:56

「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日8月6日に東京・新宿バルト9で開催され、「仮面ライダージオウ」キャストの奥野壮、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」キャストの一ノ瀬颯が登壇した。

常磐ソウゴ役の奥野は自身の役について「間違いなく大きな存在」と断言。続けて、「この役は本当に難しくて。言動や行動が理解できないこともあって、取り組んでもうまくいかなかったりしましたが、悩まされた時間は役者にとって価値のあるものでした」と振り返った。一ノ瀬は自身が演じるコウについて「自分自身ですね、今は」と表現。「僕は本当にひどい緊張しいで、キャスト発表のときも緊張でうまくしゃべれなかったりしました。けど、コウを演じていくうちにポジティブでいることや、明るくしゃべることも教えてもらいました」と笑顔をこぼす。

今回のイベントでは「仮面ライダージオウ」キャストの押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」キャストの綱啓永、尾碕真花、小原唯和、岸田タツヤ、兵頭功海が登場するサプライズVTRが用意された。MCからそれを告げられると、奥野は「怖い怖い!」と動揺し、会場に笑いが起きる。奥野との初対面の印象について、大幡は「大人っぽい人だなと思いました」と述べ、渡邊は「背筋がすごく伸びた、いじりがいのない好青年」とさっそくいじる。それを聞いた奥野は「おーい! よくないよ、みんな!」とスクリーンに向かってツッコミを入れていた。一方、兵頭は一ノ瀬に対して「ガツガツ本能的なタイプなのかな」というイメージを持っていたと話し、「颯は意外と声が小さくてコウと真逆」とギャップに驚いたことを明かした。続いて尾碕は「イケメンの人だと思いましたね」とほほえみ、小原は「僕もあまりしゃべるタイプではなかったので、同じ匂いがするなと思いました」と回答。岸田が「皆さんの前にいる颯がそのまんまの颯です。がちがちでしょう」と優しく付け加えると、一ノ瀬は「反論の余地がないですね」と照れたように笑う。

続いて直してほしい点についてキャスト陣がコメント。一ノ瀬に対し「声が小さいですね」と綱が声を上げると、尾碕は「(話している)内容もたいして……。『今日朝ごはんおにぎり食べて……』とかね(笑)」と現場を語る。笑いながら映像を観ていた一ノ瀬は「どうせみんな聞いてないよな……って」と言い訳をしつつ「がんばります!」とやる気を見せた。押田と渡邊は、奥野が眠ってしまうとなかなか起きないことを指摘。ロケバスで眠り込む奥野の姿を押田が再現し、奥野を焦らせていた。

それぞれのキャストが主演の2人への思いを述べるシーンも。「支えられてこそ主演。現場で颯はたくさんの人に支えられています」と兵頭が述べると、押田は「壮は他人を巻き込んでやっていく力がすごくある。ジオウでレジェンドの方たちが戻って来てくれているのも、壮が主演のジオウという作品だったから」と主演への敬意を見せた。渡邊は「王様っぷりが彼自身から感じられる。さすがプロデューサーさんは、彼から王たる何かを感じ取ってたんでしょうね」と分析。最後にVTRを「仮面ライダージオウ」キャストたちが「一ノ瀬くんがんばって!」と声をそろえて締めると「おーい!」と奥野が大きめにツッコミを入れる。さらに「騎士竜戦隊リュウソウジャー」キャストたちも「颯がんばって!」と声援を送ってVTRを終わらせると、「なんでー!」と奥野はさらに声を張り上げ会場に笑いを起こした。

田崎竜太が手がけた「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」、上堀内佳寿也がメガホンを取った「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」は全国で上映中。

※田崎竜太の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2019 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映AG・東映

アプリで読む