Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

福田進一 (c)Takanori Ishii

福田進一ギターリサイタル 映画『マチネの終わりに』で話題沸騰の名手が贈る素敵ランチタイム

ぴあ

19/11/20(水) 12:00

現在絶賛上映中の映画『マチネの終わりに(平野啓一郎原作/福山雅治・石田ゆり子主演)』において、主人公のギタリストを演じる福山雅治の演奏監修をしているのが、日本を代表するギターの名手福田進一だ。その福田のリサイタルが浜離宮朝日ホールで開催される。しかもプログラムには、映画の中に登場する名曲の数々が多数演奏されるとなれば、これはギターファンならずとも気になるところだ。と言うわけでチケットは早々に予約数終了。チケットをゲットした幸運な方々は、素敵なランチタイムコンサートを過ごせることに相成った。

それでも諦めきれないという方にお薦めしたいのが、映画『マチネの終わりに』のオリジナル・サウンドトラックと、福田進一によるアルバム『マチネの終わりにand more』だ。福田進一の名演がぎっしり詰まった2つのアルバムにはギターの魅力が満載だ。

●公演概要

11月26日(火)浜離宮朝日ホール「福田進一ギター・リサイタル/浜離宮ランチタイムコンサート」

●映画『マチネの終わり』公式HP https://matinee-movie.jp/

●福田進一(ギター)Shin-ichi Fukuda , Guitar

大阪船場生まれ。1977年に渡仏、アルベルト・ポンセ、オスカー・ギリアの両名教授に師事した後、81年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝、さらに内外で輝かしい賞歴を重ねた。8年間のパリ留学を経て帰国。以後30年以上に亘り、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、超一流ソリストとの共演など、福田の活動は留まることを知らない。今世紀に入り、既に世界数十カ国の主要都市に招かれ、リサイタル、マスタークラスを開催。19世紀ギター音楽の再発見から現代音楽まで、ボーダーレスな音楽への姿勢は世界中のファンを魅了している。

2018年4月には全米6 都市でのソロ・コンサートツアーで好評を博した。2019年3月にはモスクワでロシア国立スヴェトラーノフ交響楽団と共演、8月にはブローウェルと共に台北国際ギターフェスティバルに参加。9月にはジュネーヴ、パリなどのヨーロッパ・ツアーも予定されている。

ディスコグラフィーは既に90枚を超え、スペイン音楽第2集「セビリア風幻想曲」が2003年度第58回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。2007年「福田進一・アランフェス協奏曲」(日本コロムビア)、2010年より近代ギター音楽の父、タレガの作品集(マイスターミュージック)を連続リリース。2011年秋からは「バッハ作品集」のシリーズを開始し、2019年にはチェロ組曲全曲を含む全6集を完結予定。さらに、世界レーベルNAXOSから「現代日本のギター音楽」シリーズをスタートし、2018年8月には第4集がリリースされた。2017年には自伝的エッセイ「6弦上のアリア」を上梓。

2007年度、日本の優れた音楽文化を世界に紹介した功績により「外務大臣表彰」を受賞。さらに2011年度の芸術選奨「文部科学大臣賞」を受賞した。

アプリで読む