Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「クリシャ」2度の延期経て新公開日が決定、ユーロスペースで限定ロードショー

ナタリー

21/3/16(火) 20:00

「クリシャ」ポスタービジュアル

「クリシャ」の新たな公開日が4月17日に決定。東京・ユーロスペースにて限定公開される。

本作は「イット・カムズ・アット・ナイト」「WAVES/ウェイブス」で知られるトレイ・エドワード・シュルツの長編デビュー作。主人公は感謝祭に参加するべく、かつて捨てた家族のもとへ戻ってきた女性クリシャだ。親族から疎まれている彼女は、やめていたはずのアルコールに手を出してしまい、感謝祭は醜悪なものへと変わっていく。

2016年に数々のインディペンデント系の映画祭を席巻した本作。ジョン・ウォーターズは「1人のアルコール中毒と多数の犬たちによって台無しにされる、滑稽で悲惨な家族の再会を気迫と狂気をもって描いた作品。監督の実の叔母であるクリシャ・フェアチャイルドが最高の演技をみせている。他人の地獄は時にとても面白いものだ」と評し、その年のベストワンに挙げた。

本作は新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年4月の公開を7月に延期。その後、公開を予定していた劇場を運営するアップリンク代表・浅井隆に対し、元従業員がパワーハラスメント行為への損害賠償を求めて訴訟を起こしたことを受け、再び公開を延期していた。配給のGucchi's Free Schoolはロードショー公開に向けて調整をしていたが、このたび上映館をユーロスペースに改め、新たな公開日を再決定した形だ。現在、予告編がYouTubeで公開中。

アプリで読む